んちゃって英語ガイド

endoms.exblog.jp
ブログトップ

北海道ハイウェイブルース 

北海道ハイウェイブルース Hokkaido Highway Blues ウィル・ファーガソン著

北海道のパート 内容をかいつまんで言うと、こんな風だ。

北海道はアラスカとカンザス州を足して2で割ったような場所。およそ日本とは思えない。東京っちゅうよりはオスロかな?函館の朝市で食べるものはピザでさえも魚臭く、女性はまったく愛想がない。おじちゃんたちは親切だけど、見当違いの親切さ。日本海に沿って北上する途中で見た集落はどんよりした日本海の空の下にくすんでいるだけ。函館がロシアの名残を色濃く残した町なら、留萌はロシアの絶望感が漂う町。それに信じがたい事に、北海道で会う人会う人、「北海道はいいところでしょう?」と自信ありげに聞いてくる。

b0127538_22432130.jpg


*非常に素晴らしい文章。*筆者の旅と人生に関する考察は鋭い。
*古い情報・間違った情報には注意。
例えば、サッポロビールは日本で最初のビール工場ではないし、サッポロビールではもう無料試飲はしていない。今はジョッキ1っ杯200円なりー!

内容
水俣在住のカナダ人英語教師は、桜前線と共に鹿児島県の佐多岬から北上してきた。日本をヒッチハイクで縦断し、桜と共に最北端に到着するのが旅の目的だ。函館、札幌、厚田、浜益、留萌、豊富、稚内と北上を続ける。最北の地、礼文島訪問が時化による船の欠航で果たせないまま最終のぺージが終わる。
英語
北海道の部分は1-2時間もあれば英語の中級者にはラクに読める。筆者は自分を皮肉ったり、出会った人の特徴をデフォルメして描き出すので、エピソードの一つ一つが笑える!
あるあるこんな状況。いるいるこんな人!と膝を打ちたくなること請け合い。でもね。「なまら 意地悪いんでないかい?」と道産子なら言いたくもなる。

でも お勧め。めっちゃ笑えてためになる。

洋書
2008年3月 
[PR]
by endoms | 2008-03-22 22:28 | ブックレビュー