んちゃって英語ガイド

endoms.exblog.jp
ブログトップ

またまた 悩める学期末が・・・

悩める学期末

学生ばかりじゃないのよね。
学期末に苦しいのは

試験をしたら採点、
課題を出したら添削
プレゼンさせたら講評

さらに待ち構えているのは成績評価

死にそうに先生も忙しいのが学期末。


学生だって
みんなそれぞれの学生の事情があって出席が悪い時もある。
特に就職試験を控えた学生の多いクラス

やっぱり私の教え方が悪いのね~ と悩むほど出席が悪い
だから
成績をつけようとすると
わー ひどい成績の学生ばかりを生み出してしまう ことになる。
ここしばらく成績評価が終わるまで
毎晩夜中に悶々とする。

それにゼミ決め
ゼミの履修定員を超えた学生を断らなければならない
今年の2年生で3年次の
ゼミの継続希望者は9人。
だから募集できるのはたった1名。
そこに8名さらに+2名が応募してきてしまった。

誰を選ぶか
公平にしなければ!

決めかねて
友人に抽選してもらう。

それぞれの名前を書いた紙を折って、中から一つ選ぶ。
ほら 

これっ!

こんなことでしか決められない。

落ちた人の反応は様々

ごめんなさいね。
落ちましたとメールをすると
たいていは知らん顔。返答はない。
でも、数人、丁寧にお礼のメールを返してくる学生がいる

そんなときは

あああ この学生を取りたかった!って思ってしまう。

でも、決めたものは決めたもの。
しょうがない。


どんなゼミの方向にしたいのか?
学生に
ゼミで何をするんですか?
シラバスどおりじゃないんでしょ どうせ・・・

と聞かれ
逆にさ~
何をしたくてこのゼミに入ったの?と聞き返すしまつ。

翻訳と通訳の勉強といっても具体的に使う教材、教授法 一杯やり方がある。
それに今度のゼミは3年と4年の混成。
みんなの笑い顔が浮かぶ。
どの学生もそれぞれ個性的で良い。
でも
この2つの学年のレベルはあまりに違いすぎる。
新4年生はとても優秀なのだ!
英語がよく出来るのだ。

さて、
新3年生がアップアップしないでついてくるかが 

課題だな~。
[PR]
by endoms | 2011-01-30 20:00