んちゃって英語ガイド

endoms.exblog.jp
ブログトップ

翻訳な一日

午後の授業は翻訳演習

英文法翻訳テキストを終了
やったね~ 最後の項目 話法の翻訳もきれいに中間話法に翻訳できてるね!

学生も私も達成感!
やった~~。
翻訳をするには英文法の勉強が一番面白いね~。

来週から
翻訳学と翻訳理論を少し学んでから
童話の翻訳をして
個人プロジェクトに入ろうね。

出席率もほぼパーフェクトで
中国人に学生のおかげで、いろんな比較文化がたのしい!
戸籍、個人基盤社会、教育、日本での発見 なんて話ではめちゃ盛り上がる。



夕方は翻訳研究会。

紀要発表論文の校正第1稿があがってきた。
久しぶりに読み直すと、良い!
「私達、なかなかやるじゃん!」

っていつもながら、自己肯定的な私達・
良いのかこれで?

良いのだこれで!

紀要の発行が楽しみだね~。
来週は次の翻訳を進めようね~。

ウキウキ帰宅し、仕事でやっている日英翻訳の校正を読み直す。

あああ
ここでふくらんでいた気持ちがシューッとしぼむ。

もっと勉強しなきゃ と謙虚な気持ちになる。
これは
毎月の儀式みたいなもんだ・・・

原稿日本語を解釈して、英語としてどの順番が論理的か?

これが一番の悩みで、時間がかかる。
いったん決まると、

後は優秀な校正者がいる安心感から
パーッと書き終わる。

ほんとにありがたい。
・・ で、
いつもながら
校正された英語はあきれるほど違ったものになっている。

はああ~~・・・

今月、一番しっかり校正されちゃった箇所を記念?にお知らせしますう。。。


日本語の原稿


 なだらかな斜面のリンゴ畑を奥まで進むと、たわわに実った赤いリンゴの合間から見えるのは、高層マンションが建ち並ぶ街並み。ほかではなかなか見ることができない素敵な風景だ。

 「自他ともに認める無類のリンゴ好き」と笑う園主の斉藤允雄さんは、札幌のエコファーマー第1号。化学肥料や除草剤は一切使わずに、周囲の山の木々と同じように自然に近い状態でリンゴを栽培している。根が傷つかないようにと畑おこしもしない。フカフカと生い茂ったクローバーがたい肥の代わりで、養分たっぷりの土となる。

 さらに、数年後の生育と収穫を想像しながらの剪定作業は、50年以上経験しても一番難しいそうだが、「ここが腕の見せどころ」と斉藤さん。幹がどっしりと太く、陽の光を存分に浴びれるように広がるきれいな枝振りの樹は、熟練の枝の賜物だろう。おいしいリンゴができるわけだ。現在、早生種から晩生種まで20品種を栽培。

校正前の英語

Through the orchard, I walked up a gentle slope to the end. Then just in front of me among the trees with a lot of juicy red apples, the Sapporo cityscape came into view, with a forest of high-rise apartment buildings near and far. This beautiful scenery is something very special here.

The owner, Mr. Saito, a true lover of apples, is one of the first eco-farmers in Sapporo. Never using chemical fertilizers and herbicides, he grows his apple trees in a completely natural environment. He says he doesn’t turn over the soil around the trees in order not to damage the roots. And he adds that the soft clover thickly covering the ground provides the natural green manure.

Mr. Saito grows 20 different kinds of apples, ranging from early to late maturing varieties. His apple trees have thick trunks and the handsomely pruned branches spread their arms for the shower of sunshine. Mr. Saito says that pruning is the most difficult part of growing apples because the future growths and harvests need to be taken into consideration. Then he adds, his over 50 year long experience helps him in this challenging task.


校正後の英語
I walked up a gentle slope past the trees laden with juicy red apples till I reached the top of the orchard. When I turned around, the Sapporo cityscape came into view, with a forest of high-rise apartment buildings both nearby and farther away. You won’t find much more beautiful scenery that this!
The owner, Mr. Saito, is a true apple lover and one of the first eco-farmers in Sapporo. Forgoing the use of all chemical fertilizers and herbicides, he grows his apple trees in a completely natural environment. He says he doesn’t even turn over the soil around his trees so as not to risk damaging the roots, and adds that the thick ground cover of soft clover provides a natural green fertilizer.
 Mr. Saito grows 20 different kinds of apples, ranging from early to late maturing varieties. His trees have thick trunks, and the handsomely pruned branches spread forth to capture the sun’s rays. He says that pruning is the orchardist’s most difficult task because future growths and harvests need to be taken into consideration, adding that this is where his over 50 years of experience comes in handy.
[PR]
by endoms | 2010-11-13 00:14