んちゃって英語ガイド

endoms.exblog.jp
ブログトップ

北の縄文遺跡を考える シンポジウム

毎日新聞北海道印刷開始50周年を記念して開催された
縄文遺跡を生かした観光創造に関するシンポジウム

7月1日エルプラザで訳300名が参加して行われた。

石森さん北大観光学の研究センター長
阿部さん 函館の縄文遺跡の研究者
大島さん 伊達の縄文遺跡の研究者
本田さん アイヌの研究者
そして
英語通訳案内士として私

縄文太鼓の若き奏者の熱演
石森先生の「5感を生かした観光創造』という主張の熱弁
そのあと、4人のパネリストが
縄文遺跡の魅力
縄文人のライフスタイル
縄文遺跡文化の現代的活用方法
というテーマにそってそれぞれ短時間考えを述べる。

友人や生徒さんの顔を壇上から眺めると
ふーっと楽に
いつもの普通の自分の話を。

他の人の話が面白く
自分が壇上にいることを忘れメモをとり聞き入る。

これだけの面白い人をそろえた毎日新聞はすごい!

この経験で
縄文文化に連なる北海道の人脈の一片を垣間見て
それ自体が
時空を超えた異文化体験。
いろんな人が世の中に入るんだなー
目からまたうろこ (いったい 何枚の うろこもち なんじゃおまえは!)
ほんと 楽しかった!

翌日
大学の廊下でで知らない学生に「昨日、先生の話聞きました」
授業で学生に「父が昨日話を聞いて、本を買うと言ってました」

影響力の大きさにびっくり!

STEVEが本をポンッ!
Guns, Germs, and Steel
JARED DIAMOND作。
font8ぐらいで 450ページ。厚さ8センチ?

縄文文化を理解するためには
世界の文明発生の概観が重要だから
読みたい。
秋学期まで読んでいいよっていうけど
読み切れる気がしない・・・とほほ

とりあえず, prologueをよんで本の構成だけ確認。
[PR]
by endoms | 2009-07-02 20:57 | ホッカイドーって良いよね!