んちゃって英語ガイド

endoms.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

根室にもやっぱり 縄文!

根室の2日目。
根室半島の狭い範囲をくるくる観光

車岩


納沙布岬

落石岬


北方花園  ホースドロッピングの宝庫?

最後は日本最東の駅 東釧路駅

コンナトンネルがあるととおてみたくない?


と4時ごろにホテル着!

これは良い!
さっそくタクシーで根室の歴史資料館

だって、たった今根室のパンフレットに土偶の写真を発見

これは見に行かねば!
万難を排して!


地方の資料館は時に素晴らしく時に倉庫状態

ここは素晴らしい。
昔ながらに雑多な典型的な展示方法

だから、ありったけ表面に出てくる。

ちょっと鳥居大縁にいすぎだけど!!
[PR]
by endoms | 2013-07-27 18:17

根室の夕日

朝札幌を出発して根室に到着しました。
400キロ以上との事で

しっかりバスに乗った感じ


白鳥の湖  風連湖

根室駅 はちょっとさびしい感じ


チシマ桜が咲くことで有名な清澄時

船溜まりに降りていく



根室は夕日がきれい

ホテルの夕食はこれぞ 手抜き?

ほぼ 花咲ガニ以外  食べるものがない感じ?


既成のしょっぱいご飯のおかずで済ませようというのは北海道の一番悪いところかもしれないな~~


いやいや  ぜいたくは敵だ!

こんな北海道の端っこまで来ているだけでも幸せなことだし!!
[PR]
by endoms | 2013-07-26 20:32

手痛い失敗っ!

翻訳研究会ももう5年目

卒業式のスピーチを翻訳して話者の人物像を紹介する
大学の紀要にそれを載せる。

毎年続いてきて

今回はアンナ・クインドレンのスピーチで行こうよ!
と決めて、たくさんある中から一つ選んだ。

翻訳をして
読み合わせをする

あとは彼女の人物像の紹介ね~。

って終わったと喜んだのはつかの間

調べると
私たちが翻訳したスピーチはとっくに日本語で出版されていた!

Auch!

同じものは版権の関係でいかに紀要でも無理


すっかり
翻訳が出来上がっていたのに
さてどうしよう・・・


考えたけど
ちえが浮かばず
今まで作業した文は破棄

ああああ  何時間分もの作業が消えていく・・・

初めに確認するべきだったのに、慣れてきて油断していた。。。

それに、
紀要の締め切りはあと7日。

さて、どうする???

綱渡り。。。

でも立ち直って、
また、次回の研究会までに仕上げてくる原稿をそれぞれ決める。


気を取り直してやるか。
資料を探しに図書館にこもったのに
めっちゃ面白そうな本を発見。

ドルイド教の歴史

ケルト文化とオーバーラップするこの宗教的祭祀


ストーンヘンジでの祭祀
生贄
人身御供
埋葬方法 
戦車埋葬だって 日本にはないよねー

キリスト教以前のヨーロッパの宗教は日本の神道となんと似通っていることか
神話は日本のものと酷似
アマテラスが出てきてもおかしくないかも

アイルランドは辺境の地だったのでセントパトリックが432年にキリスト教を広めるまでは
土着宗教のみ
信仰を戦わずに受け入れて今は根強いカソリックの国

あっつ でもイギリスとの抗争の根っこは宗教だった。




って
さっさと、やることをやってまた

続きを読もう。
[PR]
by endoms | 2013-07-24 16:38

たった一枚のはがき と ・・・

最近美容室を変えた。

友人の紹介で18年前ぐらいから行きはじめ

定期的に通っていた。

ちょっと高いし
ちょっと遠いし
ちょっとゆっくり時間がかかる

でも腕は確かだから

そう思ってずっと通っていた。

そのうちに
紹介してくれた友人も一緒に通っていた友人もその美容室には行かなくなっていた。

ちょっと高いし
時間もかかるし
それに飽きちゃったし・・

え~~??!!!

そうなんだ。

でも私は死ぬまで同じところでもいい。
だいたい、一度気に入った場所はめったに変えない。

夫婦二人だけでやっている小さな店。
常連客を相手にひっそり
いつもたいていお客は一人 
ダブっては予約を取らないこだわり

通い続けていたのに
ある時 一枚のはがきで
 気が変わった。

1月の私の誕生月
ハガキ持参で誕生月プレゼントに10%割引サービスを始めました
とのハガキが来た。


予約をして、
レターケースのはがきが気になった。
10%引きになるなら持っていこうか
でも、当日忙しくなって
仕事先から直行したのでハガキをもっていなかった。
どっかで
忘れたと言っても大丈夫かもと思っていた。
長いお付き合いだし

カットとトリートメントが終わって
支払う段階
誕生月なので10%引いてくれるんですよね?

聞くと
美容師さんは
「ハガキをもってきましたか?」

持っていないと、割引は出来ないという。

わー
忘れて来ちゃった 

というとそれなら駄目だという。

なんだか、とてもショックだった。
ハガキ と 目の前のお客さん

18年も通ってくれているお客さん


それに対して、ハガキ  てなんなんだろう。。。

ハガキがないと何が起こるというんだ?
妙に腹が立った。
そんなものにこだわる美容室も嫌だったし
それを嫌だと思う自分も嫌だった
金額はわずかなもの
別にいいんだけど。。なんかな~~

そんな納得のいかなさの中
3月も
5月も
また同じように通っていた。

でも
なんかお役さんに対する姿勢が見えちゃった気がしたり
自分の小さなルールに振り回されている彼らの姿が悲しく小さく見えたり

もうすっかり忘れているのに
ふとした時に
天井に見えてくる文字

ハガキ ハガキ ハガキ 

ひと  ひと

納得のいかなさが
だんだん増幅してきて
なんだか、行く気がしない。
行っても話すことがないような気がする。
今頃気が付く
立ってる場所が違ってたんだ!

どうしよう 行き先がない
平家の落ち武者状態のぼさぼさ髪
そんなまま仕事を続けた


そんな時に
ガイドの仕事で札幌で自由時間
ぽっかり空いた 

エイッ!
適当にどっかで髪を切ろう。

っていう事で
18年間通った美容室を先週やめた。
今度行ったところに続けていくかはわからないけど

ハガキ

の呪縛からは逃れられた。
[PR]
by endoms | 2013-07-24 00:12

一人暮らし(?)のアリエっティーって?

翌日 5時起床

弘前城の早朝散歩のバスに乗る
お城につくとボランティアガイドが6名お出迎え

大手門から弘前城に入る
b0127538_23313985.jpg


天守閣だとばれないように立てたという天守閣

一番古いソメイヨシノ

それに一番大きいソメイヨシノ
b0127538_2332103.jpg


はは これはもちろん写真

だいたい

ソメイヨシノって
染井(巣鴨)に住んでる人がオオシマ桜とエドヒガン櫻をかけ合わせて作ったものだった。
今まで間違って説明してたことを発見!
よかった・・・


津軽家の歴史は日和見の歴史

もともとは豊富家の庇護で藩を建てられたにもかかわらず
関が原では石田光成の徳川側について
それなのに・・両軍に兵を送ったし
どっちが勝っても良いようにだね

江戸末期には奥州同盟に入ったもののすぐに脱して政府軍にくみした。
だから戦火を免れた。
函館戦争では政府軍。


石垣が崩れそうになっているので来年工事
ホント一部が膨らんでいる

天守閣を移築して石垣を直してからまたもとのように建築する

気の遠くなるような話。
お金もかかるでしょー

でも貴重な資料は後世に伝えたい

だいたいこの公園の維持費は年間3億円

わ―
植物の管理はそうだよね

戦争がないなら全部残ってても良いのにね。
でも
最初の天守閣は落雷で
また次には戦勝記念の花火大会で本丸を焼失という

・・・笑えないはなし




そしてテレビ画像でおなじみの橋と天守閣
お堀のハスが素晴らしい
b0127538_23331967.jpg



お城のすぐ横にはねぷた村

朝市ではミズという野菜とアップルパイ ゲット

値段が安すぎ で びっくり!


お城のそばの洋館を訪ねる
弘前の元図書館

b0127538_23352635.jpg


それに青森銀行

b0127538_23355139.jpg

 紙幣の歴史の展示が面白い

ホントに バンクノートって感じジャン!
b0127538_2336139.jpg


それにこんなにミニチュアの建物たち
かわいい~~
 
b0127538_2337254.jpg



いや~~ すごく面白い

ジャー次はお寺に行こうか

ここからならすぐ。
でも、なんか気が向かない。

さてさて、どうしようか・・・


先日の会話をどうしても思い出してしまう。

帰りの列車の時刻が気になるけど

でも行きたい 見てみたい!

この間ガイド仲間でおしゃべりした時に
話題になっていた青森県平川市のお庭

一人暮らしのアリエッティーの映画のモデルとなった盛美園!!
× かりぐらし × らしい・・・


なら、行くしかないでしょ!
そう決めると弘南鉄道で津軽尾上
b0127538_23373795.jpg


ああ、曇って涼しいと思っていたのに暑くなってきた!!
しょうがない。
でも歩いても600メートルぐらいだから楽々

ついでにさらに1キロ歩いて坂ノ上田村麻呂が平定した感謝に建てたといわれる神社まで
b0127538_23384885.jpg


お宮参りの家族が中に
b0127538_23395899.jpg



こうやって伝統が伝えられていくんだよね


池には鬼バスが咲き始めている

b0127538_23404810.jpg



来た道を戻って いよいよ
盛美園!!

b0127538_23412920.jpg


宝庫殿がすごい。
写真撮影禁止

10畳間にくまなく金を塗り、赤い漆  天井も壁も
両サイドの巨大な蒔絵は漆塗りで仕上げたもの右には鶴松竹 と左に鳳凰 螺鈿が施されている

仏壇は10畳間の広さを感じさせない大きさ!
ちっ小っちゃく見えるこの部屋が・・・!!
おかれた仏像は金色にかがやき、ロイヤルブルーの後輪を背に。

お庭もなんでもいいものを見て過ごしたかったんだろう
いろんな庭の要素が入った作庭法

b0127538_234258.jpg


b0127538_23423867.jpg


築山に神社もある

b0127538_23432887.jpg


このおうちは下が和式で上は洋風



b0127538_2344161.jpg


宮崎駿のアリエッティーの映画はこの家をモデルにしているんだって。
この庭を見るために作ったという趣味の家だよね

蜘蛛の巣模様の明かり取り障子の桟
b0127538_23451596.jpg



庭から見ても姿がよい。

b0127538_2346876.jpg

っとと
その映画見ていないから・・・


よーく歩いた。


青森では心残りがないようにのっけ丼

たった500円なのになかなか!
食券を買ってからの方が自分の予算が
見えやすくて気が楽だと分かった

これが私の500円丼

b0127538_23473787.jpg

地元の魚だけ  というとさびしい色
せめて卵で・・・

これは隣のデンマーク人  やるじゃん!
b0127538_23482596.jpg



いやー
よく動いた。
帰りのれしゃの時間に間に合ったー

ventiサイズのスタバを買ってホームの売店

よーく歩いたご褒美だよ~~
湊かなえの小説を買ってしまう。「少女」
太宰と迷ったけど やっぱね~~ 
今日の本はおやつでいい。

ああ 自分には甘い。
時間がもったいないかもな~小説久々でうれしい~~

面白く ページがドンドンめくれる
函館につく前に読み終わってしまった・・・
 

 
[PR]
by endoms | 2013-07-21 23:17

青森に足をのばして

函館山には船が似合う!

b0127538_2237237.jpg

函館の仕事がどうやら午前中で終わるらしい

となると青森に行くしかない!

ズキズキ する気持ちで仕事を終え
それでおどうしようか迷ったけど

やっぱ 白鳥に乗ってしまった。
初青函トンネル!!


座席の背には青函トンネルの説明  
何分ごろにどこを運行しているかわかるんだからこれはすごい!

b0127538_22372052.jpg


青森県から北海道を眺める

b0127538_2238392.jpg


青森駅から
棟方志功記念館
b0127538_22382262.jpg

b0127538_22385479.jpg


筆を祭った筆塚
b0127538_22383823.jpg



圧倒的な存在感の絵の中の人物



A ファクトリー
ねぶたの展示のある ワ・ラッセ
この建物が光の扱いがうまい!
b0127538_22393910.jpg


には棟方のネブタも
b0127538_22401338.jpg


彼の言葉も
b0127538_22403485.jpg


それにしてもこんな下絵から立体的で迫力のあるネブタが生まれる

b0127538_22404872.jpg


b0127538_2241395.jpg




どこに泊まろうかあてもなくふらふら弘前へ

まずっ!
土曜日だった!!

案の定
良さそうと思ったホテルは3軒続けて満室、

ははは  無計画の楽しさ

でも
何とか駅前にホテルも見つかって

さてと津軽三味線のライブハウス

途中で弘前公園 早朝散歩バス無料の情報をゲット。

やったね~~

明日は早起きして 津軽藩ねぷた村の朝市と弘前公園

いやいや
意外と青森近い感じ!


でも、棟方といい津軽三味線、津軽民謡の歌い手の方たちといい
それに道を教えてくれた人たちも
駅員さんも
タクシーの運転手さんも
高校生たちさえも

粘っこい
骨太
じっくり根が大地にくっついてる感じ

この重たさは なんか北海道とは違うかも
多分標準語を話していると思っているだろう人たちの微妙な訛りはたまらなく素敵!
[PR]
by endoms | 2013-07-21 00:14

アイルランドに決めた!

ずるずるしていたら夏休み終わっちゃう


去年、忙しさにまぎれて長い旅行をせずに夏休みを過ごした。
北海道内を旅行して、たくさんランチもして、プールにも行って

それはそれで楽しい!


今年もどうしよう?
考えても考えても
アラスカ  アイルランド
このア行の地名で思考が泊まる。


そうだどっちかに決めればいい!

そうなると簡単。

行くか行かないか

どっちでも -行こう

アイルランド>アラスカ
こっちが面白そう。
でも、アラスカには知り合いがいる。
来たら案内してくれるって言ってたな~~

でも。やはり ケルト文化をその遺跡を見たい

で結局
アイルランドに決定


向こうでのアイルランド一周9日間の旅を買い
その数日前につくように
航空券の予約。
支払いもちゃっちゃと終わった。
オランダ乗換のKLM

そうだそうだ
ツアーが始まる前の3日間 
滞在するホテルを予約しなきゃ
オスカーワイルドの記念碑の近くにしよっか!
ジェームスジョイスが歩いていた界隈でもいいかも・・・
やっぱり、
ワイルドが勝つよね~~。
幸福の王子 ドリアンググレイ イメージが強烈だよね。

わ―
こんなすべての小さなことでも
知らない国だからドキドキする。

ホテルも予約OK.


夕方に思い立って
そうだそうだ  地球の歩き方 アイルランドを買っておかなきゃ!
コーチャンフォー に行けばあるだろ!


うーーん 
甘かった。
こんな大きな本屋なのに
あんなに各国の旅行書があるのに
アイルランド関連の本は一冊もなし。。。


よっぽど人気がなんだね~~。


9月の3週間
アイルランドでビールでも飲んで
北海でも眺めて
ケルトの物語をたくさん聞いて見て。
読書もしよう。

はたと我に返ると

帰国した翌日、秋学期の初日

ひー だよね。

ヨーロッパからの帰国は時差が身体にきつくて
死にそうになってるだろうけど・・・

まあ 何とかなる。
[PR]
by endoms | 2013-07-17 23:06

日本人女性は強くなっていて・・・

釧路の動物園

クルーズ船のお客様のガイド

なかなか国際色が豊か

ロシア人、スペイン人、イギリス人、台湾人、香港人

国際色豊かでみんな若い
そして子供たちがいっぱいいること!

だから話の内容も違ってくる

スペイン人の女性
30だいくらいかしら?
小さい子供を二人連れている。

流ちょうな英語

雑誌の記事で読んだけど、
なぜ日本人男性は週末しか子供と遊べないくらい働くの
人生は楽しむためにあるし
子供の寝顔しか見られないような勤務形態は禁止するべきよ!


なぜ、日本では女性が公職についていたり、役員だったりする割合が少ないの?
それは男性のためにもよくないし日本が後進国のような印象を与えるわ!


でもね。
このところ草食系男子 というタイプのか弱い若い男性が出現して

女性が肉食女子って、言われたりするの。
そのうちに逆転して女性が強くなっているわよ

ジョークのつもりだったんだけど

彼女の怒り?に火がついた?

弱い男なんて最低!
でも女性が男性のように強くなる必要は全くない。
女性のリーダーの資質は男性とは全く違うのよ。

女性のリーダーは数を頼まない

優雅で
和かで
おしゃれもして
声高にならずに人をまとめ上げる

男性リーダーと女性リーダーとどちらもいる社会が良いのよ。

違う力で、どちらも優劣なく、社会をまとめ上げていく

だから女性が男性化しては絶対ダメ
男性の女性化は言語道断!


彼女の言うとおりだ
と思った。

自分の内なる偏見に築かされた釧路動物園での出来事。
[PR]
by endoms | 2013-07-17 20:56

室蘭  ふるさと?

やっぱり 室蘭は良い!

サンプリンセスガイドの今日
「往復4時間 しゃべり倒して!」と東京のエージェントからの指示。

昨日までのツアーの余韻が抜けない・・・
今日は だめかも・・・
昨日は準備もしないで爆睡・・・
もう手遅れ・・・

ウツウツ 岸壁に行くと
あ~~ こんにちは!

わあーお久しぶり!

お世話になってます。
次々と友人や知人に出会ってしまう。

去年の仕事で仲良くなった市役所の人や大事な友人たち

それに6月のサンプリンセスで友人になった人
あっ スージー!
ノブコさん
それに
ブリッジでチョコを食べてまくってたおちゃめなアンドリュー船長
おはよう!

室蘭も船も
ふるさとみたいだぁ

と懐かしさいっぱいでツアーがスタート
41人ぎっしり乗ってるね。


札幌までは2時間と少し
あっという間
もっともっと説明してあげたいことがあるのに
馬糞ウニ とムラサキウニ
植物園の見どころ
道庁のスイレンと中の展示
大通公園
100円ショップ
地下街

歴史や気候や地理よりもやっぱり、具体的な場所情報を聞きたいよね。
説明しきれていないけど
みんな無事に楽しめるかしら??

お客さまがそれぞれの札幌を楽しみに出かけると
ニコニコ顔のリンダさん登場!
いや~~うれしい。
では寿司善でランチメしましょ。

もちろん ベストな店で一番安いお寿司を食べるのは鉄則
絶対ネタが良いに決まってる!
いろいろしゃべって。
おなかもいっぱい。

午後はまったりガイドみんなで大通公園のベンチに座って待機

突然

Are you relaxing here?

ツアーのお客さんに言われる。

もちろん違うにきまってる!

私たちは情報ステーションしてんのよ
ほらプリンセスの看板見えるでしょ!


でも、まったり久々に会った賑やか爆笑おしゃべり

どう見ても仕事には見えないよね~~~


さてと帰りの時間
集合してバスに乗り込むと
さすがにお客さんは疲れモード。
どうしようか?
静かにしてあげようかとも思ったんだけど・・・
最後の寄港地だし、聞きたい人もいるかもしれないし・・・

私の話は子守歌だから
寝てもチョークぶつけないから・・・

の前置きで

結局最後までしゃべり倒した。

話して
いろいろ質問に答えて
盛り上がったのは
次に彼らが行く東京と鎌倉の観光名所の紹介

縁切り寺の話が大うけ。
三行半の説明
昔の女性の立場の弱さ

世の東西を問わず、似た歴史があったからだよね。

室蘭の港に戻るとまたまた友人たち!
なんて幸せな今日の一日!

帰りの駅で近くに出航の汽笛の音
迫力の大音量だ。
[PR]
by endoms | 2013-07-12 23:28

利尻はいつも山

何度行っても良いな~~利尻と礼文


陽気さがこの二つの島では違うよな~
天気が人間の気質を作るかも。

いつも上るペシ岬。
角度によってはゴリラに見えたりクジラに見えたり
中腹には北方の警護に当たって冬の寒さで水腫になって亡くなった会津藩士の墓がある。
今日も新鮮な花のお供え。


漁港の向こうに利尻山を眺める

b0127538_21194277.jpg


ペシ岬の裏に回ると小さな漁港。

アザミは北の海にはよく似合う。


b0127538_21184766.jpg


こんな近くでウニ漁をしている。


b0127538_2119474.jpg


ウミネコの営巣地 だんだん増えていまは7万羽ぐらい。

b0127538_21182855.jpg


あっという間に利尻を離れる時間。
空港からも利尻山

b0127538_2118674.jpg

だよね。
ここではどこに行っても山を目にする。


って、今回のツアー 
私も一人の旅人みたいで
全然ガイドもしないし

ドライバーさんのトークを真剣に聞いて一番喜んでるし。
ガイド失格

ドライバーさんが教えてくれたネタで使えそうなもの

1.ウニの殻が道路に落ちてたらカラスの仕業
カラスは両親撮ったウニを失敬しても自分でカラを割れないから車にわざと轢かせる
惹かれてぐシャットしたのを食べる

カモメは食べた殻をコンクリート塀に行儀よくならべる。

②ウミネコは脚が黄色い
カモメは脚が赤い

③出汁コンブは2年物を取って作る。
一年物の若いのは早煮コンブ

一度離れて同じ場所から2年目に出てくるのが上質なコンブになる。
一日で外乾燥
小屋に入れて平らに伸ばす
端を切って長さをそろえる
長いものが高級

問屋は仕入れたコンブを1年は寝かせる。
高級料亭用のコンブは4-5年寝かせて使う。
コンブは付け根のところが美味しい。

コンブには養殖ものも天然ものもある。


島では海抜100メートルのところで標高1800メートル(本州なら)の植生が見られる

島にはクマ、シカ。蛇などはいない。

島の水は30年ぐらいたった利尻の雪
島には川があるが水があるのは1か所。
地下水は地下にしみこむ、あるいは海中で湧く

島では雨が降ってもすぐに地表が乾く。
[PR]
by endoms | 2013-07-10 21:21