んちゃって英語ガイド

endoms.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドラエモンじゃダメだった~~~

多国籍ツアー

バーレーン
フィリッピン
ヴィエトナム
マレーシア
タイ
の方達と一緒に登別が最初の宿泊地

空港から一路
日本が初めてという人もいるけど
たいていは数回目だという。

日本は大好き
登別って大涌谷みたいなの?


まずは浴衣の着方の練習

それに温泉にはこういう風に入るのよ~~

わかったよねー


地獄谷を散策すると早めの時間にチェックイン

夕食まで2時間 自由なのでお風呂に入りましょう!

マレーシア人女性が温泉どうしていいかわからないから教えてという。

いいよー

でもでも裸にならなきゃいけないの?
どうしても?

え^- えー えー^

やっぱ裸にならなきゃならないの キャーキャー

だよ!

だよ!
ほら脱いでも誰も見てないから大丈夫だよ!!


でもイスラム教は
人の前で裸になってはいけないんだよね。
でも、人生で最初で最後、が酷だし経験のために一度は良いかなと思うし・・・

まあまあ お風呂に来てしまってから迷うこともないわよ!

つぎつぎ
裸の人が通るー
と彼女は目を丸くする。
あったりまえだ! お風呂場だもの

何とか裸になり 身体を洗って
湯船につかり
次は露天風呂!

人生ではじえての体験だったとうれしそう。

湯上りに彼女が聞く
ところで、どうやって寝るの?

一瞬意味が分からない。
聞くと

部屋にはベッドがない
別の部屋で寝るの?それとも、ドアのついた狭いところ?


あああーそれは押入れだよ。

大丈夫だよ
食事の間に旅館の人がお布団を敷いてくれるんだよ。

そんな話をしながら食事の時間


真っ先に質問してきたのはタイの人

僕の部屋にベッドがないけど 僕はどこで寝るの?

ほらきた!その質問。

そういえば、昔のツアーでお布団入れをベッドだと思って寝ちゃった人がいるんだけど。。。
そう私が笑いながら言った途端


ひーー
ベトナム人がひきつった

僕たった今まで、そこで寝ていた。
だって ドラエモンではノビタが寝てたし!
ァ―― ドラエモンと同じだって嬉しかった!


バーレーンの人が馬鹿笑い
僕はドラエモンじゃなくて小津の映画を見てたから。
布団を出して寝たよ!
ドラエモンじゃー駄目だよ
小津にしなよ!

だ?
[PR]
by endoms | 2013-03-29 23:19

手術見学 と スープカレー

昨日は腕にはめ込まれていたチタンの板を抜く手術
部分麻酔で手術を見学

板を入れる時は希望したのに、駄目と言われ全身麻酔で目覚めるとすべてが終わっていた。
残念だった。


今回は起きていたいと希望し部分麻酔を選択

自分の手術を意識しながら経験できるなんて体験そうあるもんじゃない。
見ることはできないけど、気配と話声は分かりますよ という。


手術が始まる直前

「見たいですか?」

医者が言う

もちろんみたいに決まってる!
彼は

視界を遮る布を低くしてくれる。
上体を少し浮かせると手元が覗き込める。

時々声をかけますけど、見たいときは見ていて良いですよ。

わーい

腕にメスが入る
かなり深い
わー150ミリぐらいですか?

いやもっと深いですよ。
でも太ももの手術に比べたら。。

ほら、この白い太い筋が腱ですよ。


イカの骨みたいですね~~

人間の筋肉ってきれいでピンク
腱にも神経にも触らないように骨ぎわまでメスを入れてチタン板を取り出しますよ。
ねじを6本見つけて取り出してからね。

ねじ山に肉が。
肉を削ってねじ山を見つけてプラスのドライバーでくるくる回してねじを外していく。

肉を作ってる細胞からしたらたまったもんじゃないだろうな。

細胞はねじも板も自分に取り込もうとしてしっかり周りを取り囲んでいる
それなのに
きりきりと金属の表面から肉組織をこそぎ落として
ギリギリ

ああ、細胞たちが困っている
せっかく
同化しようと異物を受け入れてきたのに
細胞たちが戸惑っている
侵入者とやっと馴染んだら、また引き離されるんだから
なんか不思議な申し訳なさを感じる。


・・

しゃりーん
しゃりーん
と釘が抜かれ皿に落ちる

最後はチタンの板。
傷口よりも大きい板が出てくる

わおっ!


腕の良い執刀医の仕事を邪魔にならない程度に見学をしておしゃべりをしながら
無事に手術終了

自分の腕にメスが入っている姿を見たのは感激
楽しかった~~


手術後数時間  腕はゴロンとした物体のよう、何の感覚もない。

しばらく横になっていてくださいとの事で

点滴で補液して なんか病人みたいな気分で
横になっていると

もう起きろという
腕はまだ無感覚

まだ、寝てます。

またすぐやってきて
上体を起こしましょうか?
と催促する。


いいんです。
ずっと忙しかったので、せめて手術の後は泥のように寝てたいんです。
きっと腕の感覚が戻らないのが心配なのかもしれない。

でも、大丈夫に決まってる。
ぐったり ができるのも今日だけだ
グーと寝てしまおう!

zzzz


お夕食ですよ~~との声でむっくり

ああ。
腕の感覚も戻っている
やったー

今日初めての食事
おかゆならいいかも~~
って蓋を取ると

スープカレー???

病院で?
ありえない?
何度も拒否りながら、食べてみるとこれが美味しい!
今どきの病院って!
食事もおしゃれ。

b0127538_10395827.jpg


元気になったので夜中までベッドで仕事。


たった一泊の貴重な入院時間でした。

退院してコーヒーを飲みながら
傷だらけになったチタン板を眺める
たった6か月ほどでも一緒に暮らしたこの子達

b0127538_1039447.jpg

[PR]
by endoms | 2013-03-20 00:29

景色が新しい♪

3月1日にバタバタと引っ越しをして

私は長い翻訳を抱えたまま引っ越し

すぐに大人数のガイドの仕事

ほとんど家に落ち着くことなく
家族に後片付けは任せて飛び回っていた。

そしてすべてが一段落。

やっと、新居に一日過ごす日が来た。
次男も様子を見に東京から格安航空券で飛んできた。

お日様の差し込む食卓で家族でゆっくり朝ごはん
蜂蜜のパンにマカダミアオイル
カマンベールには黒こしょう
同じ朝ごはんでも食卓が違うと別の味がするね~~

そして、みんなでご近所ウォッチングに。

見慣れぬドラッグストア
初めてのスーパーマーケット

スプレーバラをどっさり買って台所の彩は完璧!

いつもと違うラーメン屋さんでのお昼

違う道を通って
パン屋さんを見つけたり
シュークリーム屋さん 
カレー屋さん

全部新鮮で
全部楽しい。

引っ越しの一番いいところは
この未知感


このワクワク感がいつまでも続きますように!
[PR]
by endoms | 2013-03-17 22:13

唄う ♪ ガイド ♪

シンガポールからの100名のインセンティブツアー


いろいろあったけど

今日で修了 長い5日間だった!

ガイドは3名バス3台。
台本付きのガイド要請なんて初めてで

いうべきセリフが書かれている。
3台とも同じセリフでとの指示。
ムリムリ  みんな個性の違うガイド 同じトークなんてできやしないっ!

でもまあ  やってみるか~~~


初日
ホテルの目の前の雪原で バスを停止
切羽詰まった声で
「緊急事態が起きました。バスはこれ以上すすめません。心配はいりませんがいったん外に避難してください。」
無理やり目を覚まさせ、バスの外に追い出す。

水交じりの重たい雪の降る雪原に震えて立つシンガポール人たち

「大丈夫です。ホテルまではもうすぐだから歩いてもいけますから。」

と嘘をつき 

みんなは身震い、だってまだホテルは数キロ先



しばらくすると
雪原に繰り広げられる花火大会!!

バーンパチパチ 
バーン

と打ちあがる花火にみんなあっけにとられ
感動


筋書きを知ってる私も感動するぐらいの素晴らしい花火。

こってるね~~演出


そんな華々しさで始まった仕事。

どの日も
いうべきことが決められていて
それ以上のことを言ってはいけないという説明

へーーーー
やりにくすぎ
いろいろ話の内容が制限されたので何か話すたびに爆弾を踏む怖さで話ができなかった。


困っていると
お客さんからリクエスト

「ドラエモン  歌って~~!」


えーーー知らないし

でもいいかっ!

ランラランラランラ♪

とハミングしているうちに
少しづつ思い出してくる


アン あんあん  とっても大好き どらえーもん

みんなで大合唱!

するとまだ歌ってという。
歌は苦手って言ってられないし

ジャー

好きです札幌 をみんなで歌いましょうね~~~

歌唱指導。
日本語の発音チェック

ハイ やり直しー

そうしているうちに
すっかり歌うガイドになって

毎日
お客さんのリクエストで
唄う羽目に


ドラエモン

咲いた咲いた チューリップの花が

しあわせなら手をたたこう♪

シンガポールのうた

さくら

さよならのうた


まあ 歌いに歌い
歌に目覚めたかも?
楽しかった~~~

次回のマレーシア人のツアーでもさて何を歌おうか思案中。

唄うガイドは楽でいい!



でも、ツアーが終わった空港内でもテンション落ちずに
仲間とうたってた~~~♪

ねーさん  ねーさん  もう唄うのはやめなよ~~
公共の場所だよ~~~!
[PR]
by endoms | 2013-03-12 23:26