んちゃって英語ガイド

endoms.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

あと、少し!

やれば出来る子達なんだけどね~

っていいながら
なかなか 
やらない子達は期限目一杯になってからエンジンがかかる。

さあ やるよっ!

でも まずはランチ。

櫻珈琲のメニューはもう全部食べつくすよね~

おイモのキッシュ

b0127538_2243243.jpg



それにサラダランチ

b0127538_2243424.jpg


ガーリックトーストも食べたし
さあやるか!

1時から6時半

やれば出来る子達は
ひたすら原稿のチェック

時々おしゃべり

はっと気を取り直して
また原稿チェック

それでも終わらず
また明日もね~!

サア、
明日はここのメニューの2巡目?

紀要原稿の期限は明日だ!
ラモット、ルイス、フリードマン

3回目の翻訳読み返しでも
まだまだ私たちの日本語ひどい
ひどすぎる。。。

でも、
ここのコーヒーは美味しい。
[PR]
by endoms | 2012-01-31 22:48

洞爺湖


Oh, Toya Toya!


ウインザーホテルから見ると
b0127538_2110119.jpg



サイロ展望台からは
b0127538_21112728.jpg




金比羅山火口からは

b0127538_2112587.jpg


どれもすきだけど

ウン、金比羅山火口は初めてだったのでかなり新鮮!

でも。


洞爺湖の温泉街は閉鎖ホテルが多くて死んだようだった。。
[PR]
by endoms | 2012-01-29 21:12

街歩きガイド

今年から始まった運輸局の事業

街歩きガイド

第1号の申し込みがあった!
プールに向う途中の車で、「きまりそうなんですよね~」
まだ、決定ではない。
プールが終わって帰るとかなり遅い時間。

ああ それでは他の人に頼む時間はない。

私がやります!
決まったらメールしといてください。

そんなバタバタと決まって
他にする予定をほおリ投げて えいっ!
朝8時に自宅出発

新さっぽろのホテルであって
わあ 半袖じゃないですか!

Tシャツでニッコニコ
のシンガポール人のカップル

サア、食事がすんだら出発しましょ。

地下鉄でバスセンターへ
車内で説明 
一ブロックが大体100メートル だから ほら3つでしょ。
何メートル? 300 正解!
そう、歩いて300メートルで酒ミュージアム

昨日、千歳鶴の一升瓶を開けたんだよ~
今日も買ったらホテルで飲んじゃうかも。
日本酒はどうしてこんなに美味しいんだろうという。

み~んな 試飲してー
わぁ これ美味しい
お気に入りの一本に出会ったのか
ニッコニコで1升ビンを買い 
リュックサックに入れる。

滑って転ばないでね~。
歩いて、二条市場へ。
また200メートルだね。

店先に売られているホッキ と ツブ貝
活きてるね!
この場で刺身にしてくれるんだよ
と言うと 食べると即決 

う~ん 美味しい

イクラを試食して
たこのとんびに驚いて
直径20センチもありそうなオオダコの足に大うけ。お化けみたいだね。
二条市場も悪くない。

狸小路にはあまり興味を示さずに地下街へ
あっという間に
すし善 BISSE店。
カウンターに席が予約されていて
板さんが順序良く出してくれて
ランチのセットメニューなのに
値段はそこそこなのに
ほんと高級感

1時間半もおしゃべりに花が咲いて
リーカンユーから民主党政権まで
労働に関する思想の違い、日本文化に詳しい彼はめっちゃ良く知っていて
イや面白い

はははと笑って 仕事終わり。
あっという間の4時間。

これが仕事って? 人をなめてる話だよな~
こんなのが仕事なら 遊びはどこにあるんだ~。

いやいや 早く帰って ほんとうの仕事仕事。

こんな仕事ばっかりならなぁ~

ない ない

明日は10時にウインザーホテルで香港のお客様とミートして白老、洞爺
さあ 準備はなにをどうしよう?
[PR]
by endoms | 2012-01-28 20:39

ジャパンタイムズの小樽の記事


小樽の木造枠組み建築様式の建物を整理しようと見てたら良い記事発見
Japan Timesから

Travel through time on a trip to Otaru
By MICHAEL HOFFMAN




The Hokkaido port of Otaru is less than an hour by train from downtown Sapporo. Same neighborhood, different world.


Sapporo is big and growing. Otaru is small and shrinking.
The future, no doubt, is with Sapporo. But the past is with Otaru. And the past, as all travelers in Japan know, is no small thing.

Hundred-year-old stone banks and warehouses are to Otaru what 1,000- year-old temples and shrines are to Kyoto. Step out of JR Otaru Station and walk south; you'll soon see (on your left) the former Otaru Branch of the Yasuda Bank. Spare it a glance, it's worth it. It's one of 71 "designated historic landmarks" scattered around town, each fronted by a purple explanatory sign (in no fewer than five languages: Japanese, English, Chinese, Korean and Russian — such is the international attention Otaru attracts).

The bank, we learn, was built in 1930 of reinforced concrete. "Its Grecian architectural style is typical of bank construction in the early Showa Period (1926-89) and its massive columns are a primary feature." It's now a sushi restaurant. It must be popular — a handwritten notice says no admission without a reservation.

The signs are a good introduction to the distinctive Otaru atmosphere. Here's one, for example, identifying the former Tsukamoto store. Built in 1920 of reinforced concrete on wooden framing, now no longer in use, the shop looks as ancient as anything you'll see in Kyoto. Having been "originally built as a store for a dry-goods merchant from Omi, Shiga Prefecture, it is an example of the fire-resistant architecture that became widespread after the great Inaho-cho Fire of 1904 ravaged the city."


A few steps away, in a little stone atelier that was once a canned-goods warehouse, master weaver Kazuko Teraoka sits at her hand loom, weaving a winter coat strand by silken strand. Kazu is the name she's given the establishment. Otaru-born (in 1939), she's been weaving, she says, for 53 years. The little shop above the studio overflows with everything that cloth, dye and skilled hands at a loom can produce — T-shirts, skirts, handkerchiefs, sweaters, shawls. Kazu sells them not only to local customers and sightseers but to department stores across the country.

What is that uncanny harmonica riff? It's familiar, decidedly familiar. It issues from a little souvenir shop called Kamuy. Kamuy means "god" in the language of the Ainu, a Hokkaido aboriginal people who preserved their hunter-gatherer culture well into the 19th century. Their pantheism is encapsulated on a black wooden signboard: "Fire, mountains, valleys, the ocean, animals, plants, even tools and clothing the Ainu make and use, all are Kamuy."

The riff — of course: The singer's voice puts the matter beyond doubt. Bob Dylan. "The Times They Are a-Changin'."

Let's pause for a moment to get our bearings, geographically and historically. Geographically we are in the Ironai district bordering the famous Otaru Canal — symbol both of Otaru's vigorous commercial past and its reincarnation, some two decades ago, as a picturesque little sightseeing city. Most of the places we will visit in the course of the short walking tour that follows are concentrated here, though in fact Ironai is only a very, very small part of the city.


First impressions to the contrary, Otaru is vast, considering its population of only 150,000 or so. The city stretches 40 km east to west, from the formerly independent fishing village of Zenibako to another old fishing village, Oshoro.

About Oshoro a word must be said. Its isolation belies its significance; for here, on a bluff overlooking the Sea of Japan, stands an arrangement of rocks, 22 meters east to west, 33 meters north to south, known as the Stone Circle. This is one of Japan's oldest monuments, a living link to its prehistoric past — the remains, theorizes Naoaki Ishikawa, chief curator of Otaru Museum, of a burial ground and market that flourished around 1500 B.C., when Japan's very long Stone Age, its Jomon Period (c. 10,000-300 B.C.), was in a late and migratory phase.

The museum, located across from the canal in the former Otaru Warehouse (stone on wood framing, constructed 1890-94), gets less attention from visitors than it deserves. On display, among much else, is a splendid collection of restored Jomon Period pottery, the shards having been excavated at Oshoro.

When the canal was built in 1923, Otaru's population was twice what it is now; its port, one of the nation's busiest, was the hub of Japan's grain trade with Europe and Russia. Ironai back then was thronged with textile and grain wholesalers, hard-driving no-nonsense people who surely never dreamed that within three generations their warehouses and banks would be transformed into stylish boutiques and trendy restaurants.



Visitors who journey to the city's western edge can marvel at the Oshoro Stone Circle. Many wondrous artifacts from the prehistoric site are on show at the city's excellent museum. ANDREW KERSHAW PHOTO



By the mid-1930s, the teeming herring that underpinned Otaru's early prosperity were gone, spawning patterns having apparently changed. Commerce shifted to the rising city of Sapporo 40 km to the east. The port was overshadowed by bigger and more modern facilities at Kobe and Yokohama. The canal fell into disuse. It became an eyesore.

An acrimonious clash in the 1970s pitted citizens wanting it filled in for a road against those calling for its preservation as a historical site. It ended in compromise. Part of the waterway was filled in and part of it preserved. Today, tourists stroll along the preserved part, cameras, guidebooks and soft ice cream in hand — pausing briefly, one hopes, to imagine what it would have looked like in its heyday.

A fascinating figure walked these streets back then. His ghost walks them today. He is Takiji Kobayashi — novelist, Communist, martyr. Born in Otaru in 1903, he took a job in 1924 with the Hokkaido Takushoku Bank, hiding his Marxist views beneath a cloak of respectability. In 1929 he wrote the novel on which his fame rests — "Kani Kosen" ("The Factory Ship") — about a failed uprising against appalling working conditions aboard a crab fishing and canning boat. At the Otaru Museum of Literature you can see several early editions of the novel, the text marked here and there with the "xxxx" of government censors.

On Feb. 20, 1933, Kobayashi was arrested in Tokyo as a member of the outlawed Communist Party. He died that same day — of heart failure, said the newspapers at the time; in fact under police torture. Both he and "Kani Kosen" have lately undergone an unexpected resurrection, the novel once more a bestseller as young victims of current economic hardship see in it a reflection of their plight.


Otaru's rebirth was not easy. Being a host to visiting guests requires a certain refinement that is not native to the place. Developing it took time. There is the famous story, for example, of a Tokyo journalist and sushi buff who one day in 1992 came to savor Otaru's famed sushi. There are some 100 sushi restaurants here, about 20 of them concentrated on one street southeast of Ironai called Sushiya Dori. The rude service at one restaurant so incensed this Tokyo journalist that he wrote it up in a national weekly magazine, fuming in print, "Please urinate in front of this outrageous restaurant. I will take full responsibility."

Well, that's all water under the bridge, and Otaru is rather more gracious now. We will wind up our all too brief and by no means comprehensive tour, therefore, with two symbols of Otaru's distinctive, newly acquired grace — music boxes and glass.

Oddly enough, glass culture came to Otaru via fishing — the glass floats used by fishermen inspired one local glassblower, a century or so ago, to try his hand at more ornamental work. Today there are numerous glass studios and emporia purveying glassware and glass sculpture of the most delicate craftsmanship.

Not to be missed are the Kitaichi Glass chain of outlets along the canal (ranging from stone warehouses to a mock Venetian palace), and The Glass Studio In Otaru, some distance to the south at the foot of the city's highest peak, Mount Tengu (Bus No. 3 from Otaru Station will get you there.)


Music boxes — a fitting note on which to conclude. We have been proceeding slowly eastward all this time, and at the easternmost boundary of the city's core sightseeing area, roughly a half-hour walk from the main station, you'll come to what is surely one of the most unusual shops in all Hokkaido, if not in all Japan.

This is the Orgel Hall. Orgel is Dutch for "organ," and the name stuck, music boxes having been first introduced into Japan by a Dutch trader in 1852. It's in a three-story building (brick on wood frame, erected in 1912) that belonged originally to the former Kyosei Co., ("one of Hokkaido's eminent rice millers and dealers," graciously explains the sign). And what a sound greets you as you push open the door! Some 3,000 tiny music devices — pill boxes, miniature grand pianos, glass figurines of various descriptions, emitting chime-like renditions of "A Hard Day's Night," "Material Girl," the latest J-Pop — whatever; does it matter? They all come together into a weird harmony that the establishment's pamphlet describes, not altogether absurdly, as "music from the heavens."

Would Takiji Kobayashi recognize his native city today?
[PR]
by endoms | 2012-01-25 20:15

駄目な奴

グダグダ いうなら準備しろよ
ブログなんか書いてる場合じゃないだろ

内なる声はささやくんだけど
今日は駄目な奴が自分を支配しているらしい

明日は焦点の絞りどころに苦手意識のある小樽のガイドなのに。。。

運河の話が受けるかな
ニシン漁の盛衰?青山邸の話?
ただお菓子やオルゴールにガラス?
さてどんな風に話を持っていくか
イメージをしようと思うのに
チリチリ 気が散る。

ガイドの仕事は3週間ぶり。
ピンとこない。

このごろ学期末で
テスト作り
たまりにたまった補講

次の仕事の準備や
打ち合わせや
終わった仕事の整理や
シラバス書いていないし
申し込まれている仕事への手付かず感も

別れていく学生たちに心が残っていたり
心がザワザワ
忙しかったので

全然、ガイド準備に時間がとれず 
心が動かず?
わぁ~ 準備不足

ひ~
9時にホテルにお迎えで
タクシーに同乗して祝津の日和山灯台の岬へ
それから青山邸へ行き見学

ランチの希望を聞いてから
おすし屋さんか
洋食レストランにご案内

午後は運河から堺街界隈を歩いて

ガラス
オルゴール
スウィーツ
亀甲蔵 もかな?

それで
4時に朝里のホテルに送って終了。

簡単なツアーなのに
何度もやっているコースなのに

さえ、出会ってみないとどんな方で何に興味があるかわからない。

まあええ 


これからできる限り準備しよっ。

深呼吸して
楽しみっ!って気持ちを切り替える。
[PR]
by endoms | 2012-01-25 19:56

Tomorrow Never Comes

ゼミの学生達による自由課題の発表
2コマ続けて。


翻訳、自分のテーマの研究、ミュージカル映画、日本のアニメ・・・

など様々に工夫された彼ららしい作品たち。
中の一つにネットではやっていると言う詩の紹介
10歳の息子をなくした母親が書いた詩だという。

様々に解釈され、
読み手側が自分に寄り添った解釈が出来るとRさん。


If I knew it would be the last time

that I'd see you fall asleep,

I would tuck you in more tightly,

and pray the Lord your soul to keep.

If I knew it would be the last time

that I'd see you walk out the door,

I would give you a hug and kiss,

and call you back for just one more.

もし、あなたにお休みと言うのがこれで最後と知っていたら
もっとしっかりお布団をかけて
神様!この子を守ってくだいって祈ったのに

もし、行ってきます.とドアを出るあなたを見るのが最後と知っていたら
抱きしめてキスをして
もう一度 行ってらっしゃいっていったのに



If I knew it would be the last time

I'd hear your voice lifted up in praise,

I would tape each word and action, 

and play them back throughout my days.

If I knew it would be the last time,

I would spare an extra minute or two,

To stop and say “I love you,”

instead of assuming you know I do.

すごいね~!ってうれしそうに言う声を聞くのがこれで最後と知っていたら
その声も表情も目に焼き付けていつでも思い出せるようにしたのに
もしもう会えないって知っていたら わざわざでも引き止めて『愛している」っていったのに。
いわなくてもわかってるっから良いって思ってた



So just in case tomorrow never comes,

and today is all I get,

I'd like to say how much I love you,

and I hope we never will forget.

Tomorrow is not promised to anyone,

young or old alike,

And today may be the last chance

you get to hold your loved one tight.

明日は来ないかもしれない。
今日が最後かもしれない。
だから 愛しているって口に出して言う
忘れないで言う

若いひとでも 明日が来るとは限らない
今日が愛する人をしっかり抱きしめる最後のチャンスかもしれない

So if you're waiting for tomorrow,

why not do it today?

For if tomorrow never comes,

you'll surely regret the day

That you didn't take that extra time

for a smile, a hug, or a kiss,

And you were too busy to grant someone,

what turned out to be their one last wish.

明日にと延ばしているなら、今日にしようよ
明日は来ないかもしれない
そしたら心が残るよ

笑顔を見せてあげればよかった
抱きしめてあげればよかった
キスしてあげればよかった
ちょっとの事だったのに。。

忙しさにまぎれて、誰かのお願いを聞き流して
その人がもういなくなってしまったら
その声が心に残るよ

So hold your loved ones close today

and whisper in their ear

That you love them very much,

and you'll always hold them dear.

Take time to say "I'm sorry,"... "Please forgive me,"

... "thank you" or "it's okay".

And if tomorrow never comes,

you'll have no regrets about today.

だから愛する人を抱きしめて耳元でささやこう
心から愛していると
いつまでも大切にしたいと
忙しさに流されそうでも
 ごめんね  許してほしい ありがとう だいじょうぶよ

たいせつな言葉は口に出そう


そうしたら
たとえ明日が来なくても
悔いが残らないよ
[PR]
by endoms | 2012-01-21 16:01

もう そればっかり。。。

翻訳7本 やっとポチッ!
新年会もキャンセルして
プールも行かずに

授業が終わると直帰
引きこもり隠遁生活

テレビ見ず
会話最小限
温泉一回(なに?)の
約5日 

我慢のかいあって?全部終了。
昨日は保育通信短大のスクーリング

3時間の授業全5回の最終回。
やっと、約30名の学生の名前も間違わないようになって
すべるジョークと{多少は}受けるジョークの区別もつくようになったのに
この学生たちとはもう出会うこともないのね~。

ほぼ全員シングルマザー
高校中退者も多くいる。
Nちゃん
勉強とは縁遠い世界にいたの
宿題をやっていたら
母親がおどろいて
でもうれしそうにご飯を作ってくれたりおやつを買ってきてくれたり
高校中退しちゃって以来の勉強
アラこんなに面白かったのってびっくり

Sちゃん
英語の最終試験のために
キング牧師のスピーチを音読練習していたら
父親が聞き耳を立ててて
『お前ダメだな どれ こんな風に読むんだ!」って。

父親から勉強を教えてもらうなんて生まれて初めて
ぜーんぜん 父だって英語下手なんだけど
まあいいかって 教えてもらってやったんだよ。

何度も聞かれる質問
人気ゴルファーが宣伝してる英語教材 どうですか?

悪くない
母語と外国語の境目を工夫して越えやすくしているよ。
天城越えがしやすいよね。
と黒板に脳の図 ほらここんとこね。

でも、
要は教材ではなく、それをどう活用するかということ。
できるだけ安くて薄く紙の質の悪いテキストを全部最後まで終えること。
高い教材は買っただけで手に持っているだけで罪悪感あるよね~。


それにしても何度も聞かれる質問っていうと・・・
岩見沢からやってくるOさん

顔を見るなり聞きたくてうずうず
ゴメン またか!ってうんざりだよね。
♪でも聞かずにいられない!

「雪 大変?」♪
何ですか、先生のその妙な明るさ!うれしそうさ!

もう そればっかり聞かれる  けど
もう 全国区ですから!
もう 先生、豪雪 見にきます?
[PR]
by endoms | 2012-01-20 10:31

翻訳は今回は冒険もミスも少なく。。

久々に治しのほとんどない校正があがってきた。
ちっ 手をぬいた?

でもザラザラ 順番に単調に翻訳したから 間違いようがなかったのかな?
でもやっぱり 学期末でみんな忙しいから サラッと流された?
それにしても、英語は、日本語の語順のとおりに訳することが出来ない言語だ。
それに表現のつかみどころが、全然違う うっかり日本語に引きづられると
まったく意味不明の英語になってしまうのだ!

終わってホッとするまもなく
同じような翻訳が7本。

わああ この・・・ なに・・・・ 日本語・・・ 筋なし・・・メゲル  って言うような記事もあるし・・・
それでも ガンバレ と 久々の怒号。

で さて 仕上げるか!

*********

もいわ山(藻岩山)は、市民や観光客の方々に愛されている札幌でも有数の観光名所です。
札幌の都心からも近く、市内を一望できるその眺望と夜景の美しさや、天然記念物にも指定されているほどの豊かな自然が魅力の場所。
Mt. Moiwa is one of the most popular attractions for both citizens of Sapporo and tourists alike.
Designated as a Natural Monument, Mt. Moiwa offers abundant nature.
Its proximity to the city center and the beautiful nighttime and daytime views from its summit make this mountain everybody’s favorite..

 再整備のため、2010年4月から休止していましたが、ロープウェイや展望台などの観光施設が整い、

2011年12月23日にリニューアルオープンです。
今回の再整備のテーマは、環境への配慮と、バリアフリー化。これにより誰もが楽しめるような施設に生まれ変わりました。その魅力を順にご紹介いたしましょう。
The mountain had been closed for renewal since April, 2010.
But after completion of the new ropeway and observation decks, the facility reopened on Dec. 23, 2011.
Thanks to its universal accessibility and environmental friendliness, now anybody can enjoy a visit here.
Let me give you a tour of the facility from the base station to the top.



 市電を利用して行くには、市内中心部から約20分、「ロープウェイ入口」停留場で下車。
そこからロープウェイの山麓駅まで徒歩約10分ですが、市電停留場のすぐ近くにあるシャトルバスのりばから無料シャトルバスも15分間隔で出ています
車を利用される場合は、約120台の無料駐車場が山麓駅向かいにあります。


Take a street car for 20 minutes from the city center and get off at Ropeway Iriguchi stop.
Then from here to the ropeway station, you can either walk for ten minutes or take a free shuttle bus, which departs every 15 minutes.
If you come in your car, there is a free parking lot across from the station accommodating 120 cars.


 山麓駅は4階建て。エレベーターで上がり、チケットを購入して、いざ、乗車口へ。ロープウェイは15分間隔で運行されています。ロープウェイのゴンドラも最新型へリニューアル。ガラス面が大きくなり、眼下にもいわ山の原生林や札幌の街並みが一望できます。ちなみに、さっぽろテレビ塔は、ほぼ正面に見ることができます。
 ロープウェイは全長1,198m。時速18㎞で上り、約5分で中腹駅に到着します。

The base station is a four-storied building.
Once you are there, take an elevator up to the ticket booths, buy a ticket and get on the ropeway, which operates every fifteen minutes.
During your ride in one of the brand new gondola cars, you can see the pristine forest and the city of Sapporo down below.
Sapporo TV Tower looks so close that you feel you could reach out and touch it.
The gondola car goes up the 1,198km long ropeway at a speed of 18 km per hour and arrives at the midway station in just 5 minutes.
[PR]
by endoms | 2012-01-15 21:45

アイヌ文化研修会のお知らせ

こんなお知らせがきました。

観光関係者と言う事で
すこしでもボランティアガイドをしたいと考えてる人なら誰でも参加できるので
時間があったらどうぞ!

なんせアイヌ文化はなかなか説明が難しい。
でも、白老に国立博物館が出来そうだし 
ますますきちんと話す必要があるとおもう。

***おしらせ**


アイヌ文化研修会を開催します

 (社)北海道観光振興機構ではアイヌ文化部会を設け、アイヌ文化に対する正しい理解を深めていただくための普及啓発に努めており、『アイヌ文化研修会』を下記の日程で開催します。
 参加対象はボランティアガイド、バスガイド及びガイド指導者、北海道観光ガイドタクシー認定合格者、観光関係者等となっており、参加料は無料です。

○札幌会場
日時  平成24年1月26日(木) 14:00~16:00
会場  ニューオータニイン札幌
定員  200名(先着順、定員になり次第〆切といたします)
申込  平成24年1月20日(金)まで


○帯広会場
日時  平成24年1月20日(金) 14:00~16:00
会場  とかちプラザ
定員  100名(先着順、定員になり次第〆切といたします)
申込  平成24年1月13日(金)まで




参加申込みは下記から申込書をダウンロードし、
(社)北海道観光振興機構へ直接お申し込み下さい
「アイヌ文化研修会」申込書(Word)

お問い合わせ先
(社)北海道観光振興機構
電話      011-231-0941
ファックス   011-232-5604
ホームページ http://www.visit-hokkaido.jp/
[PR]
by endoms | 2012-01-10 17:11

足寄で英語漬け

英語キャンプの仕事をしてきました。

少年自然の家で
小中高校生全部で39名が参加して3泊4日の英語キャンプ
私は通訳ガイドと言うよりはむしろ通訳が多かったけど。
ものすごく楽しくて 
みんなを残して帰りたくなかったな~。

なんともすごい事に外国人だらけ!
はっきり数えてないけど 各国からのALTが10名
ジャマイカ、南アフリカ、ブラジル、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、カナダなどなど
留学生が3名 バングラディッシュ、アメリカ、ロシアから

日本人学生のボランティアが10名
海外研修を受けた経験のある教師が6名
それに教育委員会からもたくさん人が来て
参加者以上に多いかも。

足寄ネーパルの内部にはどこも英語のサインが書かれていて
トイレもお風呂場の注意書きも部屋の使用法も
何から何まで英語にしてある
どんだけぇ~~

英語の雑誌や新聞、絵本や遊び道具もところ狭し
良くここまで集めたね~
と感心して過ごすと

翌朝もっとびっくりな出来事

朝のめざめの音楽 
何と英語の歌!しかもヒップホップ!

7時15分には体育館でラジオ体操 
ねむいな~

寝ぼけ眼でぼんやりしてると聞こえてきたのは!
へ?
英語!
ラジオ体操 英語で?
あったんだ?
のけぞって驚く新事実。
さっそく帰宅してからYOUTUBEを見たら あらら ある!



私の担当は高校生
参加者は4名で 先生は6人
(アメリカ人2人、ロシア人、カナダ人と日本人私も入れて2名)

なんて贅沢な。いつもマンツーマンで指導受けられる
ずっと教室に缶詰で英語漬け。。
自己紹介から始まって英語のでプレゼンするための準備段階を踏んでいく。
北海道や日本についての話をして、十勝の将来を英語で考えて~~

ずっと勉強で大変だね~~~
と言うと笑顔でキリリと
「楽しいから良いんです!」

そうか そうか
どの子も英語が大好きらしい。

本当に楽しそうで。
あさ8時半から夜8時までの授業をものともせず 

すごいよね~

明日、私はみんなより一日早く帰るよ というと

もっとお話したい~ 
英語の勉強について教えて欲しい 
英語の仕事について聞きたい 
って夜に部屋に押しかけてくる熱心さ。


最後にはありがとう 頑張りますってお手紙
泣かせる
十勝の人たちって熱いんだね。

見届けないで帰ってきたけど
ちゃんとプレゼンできたかな?
早くFBにアップされないかな。
[PR]
by endoms | 2012-01-10 00:42