んちゃって英語ガイド

endoms.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

水を送る日がくるなんて

東京に住む次男からSOS

東京ではどこにも水が売っていない
札幌にはまだあるかな~?

さて?

家族でスーパーを回る。
2リットル入りはなし。
3軒目にしてやっと500CC30本入り箱を2個get。
凄いことになってるね~。

郵便局に水送りに行くと
同じように水の箱を持った人たちの列

ああこんな日があるなんでSF映画みたいだね
シュールだね。
クスリッ ワーイワーイ と笑うと夫は真顔、能天気な奴め顔。
3000円の水に3000円の郵送費をかけて送るなんて・・・水だよ!


b0127538_21542581.jpg




水を受け取った彼は安堵の声

夫はさっそく翌日から水備蓄作戦開始。
「今はあるから。 いいよ」
って次男は言うけど
長丁場になりそうだ!と。

現在500mlの箱 3箱 郵送待ち中。

いざとなったら水道水をつめて送れば良いさ!
といっても水用ポリタンクも品切れ。

こんなことが現実だなんて。
[PR]
by endoms | 2011-03-30 21:54

何もそこまで・・・ でも。

豆腐のケーキ食べました。


b0127538_2321264.jpg


マフィンでトッピングは角切りのとうふ。


b0127538_2323877.jpg


うーん

美味しいけど。
別に豆腐って感じはないかも。。。

ほんとに入ってんの???

でも、
イソフラボンッ!って誰かが言ったら
みんな熱心に食べてたような。

病は気から?

いえいえ
健康も気からですから!
[PR]
by endoms | 2011-03-29 23:03

やっぱり最後もみんなで テビチ~

3月末で1月から続いていた私のOL生活は終了。

良かったこと。
①なんでも初めてのことは面白い
②通勤電車での読書
③車を運転しない生活
④仕事の中身
⑤職場の人間関係
⑥ランチ

そう今日のランチはお別れランチ
3月末で会社を去る仲間と。

どこでランチする?

やっぱりテビチでしょ~~。



最初のランチと同じく
最後のランチもテビチ~!

たっぷりのテビチとソーキと三枚肉の特製沖縄そばで

会社のあれこれ
自分達の将来を
語り合う。
20代、30代、と50代が2名。
スイスの大学卒業、ニューヨークで就職経験、アメリカ生活、カナダ留学

みんなバラバラの人生経験
でも海外と接しているのが接点かな?
それにしても

今回の仕事で自分達の英語がいかにいい加減かが分かったね~。

何とか話は出来るけど
正確に話したり書いたりはま~~~ず
難しいし 無理だよね~~。
でも、めげて入られない。
と話しながらも

やっぱりテビチを食べると元気が出るね。

泡盛漬けの唐辛子汁をたっぷりかけて。

b0127538_21174685.jpg

[PR]
by endoms | 2011-03-28 21:21 | それぞれな女たち

支援の動き

地震と津波の被害の甚大さに
呆然として
募金をして、
それでもあちこちの募金箱を見るたびに素通りできないでいる
テレビで被災者が元気に食事していても
卒業式にでていても
元の家のあたりを探し回っていても
助け合ってご飯を作っていても
涙を流して埋葬していても
散髪してもらっていても

どんな映像を見ても胸が締め付けられて
明るい表情ほど
涙が出てしまう。

きっと 世の中にはそんな人だらけなんだろう。

何かしたくても、自分だけでは出来ないような気がしてたけど
まわりの人たちは動き始めた

ネオスの人たちは、車で現地にボランティア活動に出かけ
現地での活動の様子をブログで伝える

今度は、学用品福袋 と家庭用品福袋を作成して現地に運ぶという。
学用品は学校で使う基本的なものをセットにした。
鉛筆、消しゴム、ノートなど、、子供達の喜ぶ顔がみたいという。
鈴木さんがその責任者を引き受けて、
ただでも忙しい年度末さらに忙しくなったのに
なんか張り切ってる。

ネオスのブログ
http://blog.goo.ne.jp/neos_hokkaido
なんか、人を助けるのは自分も元気をもらえるかもしれない。
何かしなければと思っているだけよりも何かすると
少しでも楽になるかもしれない。

アマンダからはWalkathonの知らせ。

ビッキーという友人が企画したそうだ。
4月17日に、参加者と歩いて
歩いた距離にたいしての金額を
スポンサーと参加者自身が支援金として送るという。

参加は出来ないけど、スポンサーにはなろう。

他に何が出来るかわからないから
やっている人を応援して
心は寄せながら、
今しなければいけない自分の仕事をきちんとする。
[PR]
by endoms | 2011-03-26 22:21

春のクルーズはすべてキャンセル

たいへんなこと。

3月から5月末までは
日本各地に海外からのクルーズ船が寄航する春のシーズン。

全国で
延べ数にすると膨大な数のガイドの仕事がある時期


それがすべてキャンセルになったと
某大手ツアーエージェントからの一斉配信メール。

日本への旅行を自粛するようにとの通達が世界各国で出されている
そのことを受けて、クルーズ船が日本寄航を取りやめたという。
このエージェントのツアー部門は春の仕事はまったくないことになった。


たいへんなロスだろうし

他の会社でもきっと同じような状況だろう。

震災後、気をもみながら事態の推移を見守っていて
原子力発電所のダメージの影響が
計り知れないことが
一番の決定打。


この春はどこの船も日本へ寄港しない。
異常な春。

ガイド業界は大打撃だ~。
[PR]
by endoms | 2011-03-22 17:12 | ガイド日記

久々の休日で気が緩んでます。

1月からの忙しさで忘れてたけど

私は活字中毒。

通勤の行き帰り電車の中ではiphoneの画面で
BBC記事を読むのが何よりの楽しみ。

毎日朝晩更新される記事で世界や日本の様々な状況は手のひらの中に配信される。
地震の情報も真っ先にBBCで読んで。

でも画面の活字と紙の上の活字は違う。

一人でランチを食べに行くことがあると
1時間の時間を楽しく書店で立ち読み。
ご飯なんてどうでもよくなる。

ずっと読みたいと思っていた
「中陰の花」、
玄侑宗久の芥川賞受賞作を読んで
彼のエッセー「禅語遊心」を続けて読んだ。

昨日からは 上野千鶴子の「女縁を生きた女たち」(おんなえん)

友人に薦められ
読み始めたとたんにドキドキ!
主婦に飽き足らず、社会活動に入り込み活動の輪を広げていく女性達。
20年前の初版。
「まるで、あなたの事が書いてあるよ」
といった友人の言葉がよみがえる

本当に自分のことだ。
自分の仲間達のたくさんの女性達、少しの男性たちの姿が
私の知ってる姿で描かれている。

読み始めてずっとドキドキ読み進んだ。

女縁は
従来、人間社会の結びつきの基盤であった地縁、血縁、社縁ではない。

興味や活動やある時点での人間関係から恣意的に継続される人間関係。
結びつきの緩やかさで、
その輪の中で形成されるのは自我をもつ自立した個人。
個人が個人性を発揮するがゆえに
再生され、継承される組織にはなりにくい 横のつながりも持ちにくい。
それが女縁の特徴。

ああ、ここまで読んで
まだドキドキ ほんとにほんとで
著者は言葉の力を上手く使って、
私が昔から直感的に感じていたことを描き出す。
ああこんな文章が書けたら良いのに・・・

本質的に個人の信頼感にしか基盤を持たない女縁、
大きな組織には発展しにくい女縁

いいじゃな~~い!

ますます大切なものに思えて 
4分の一の残りの部分。
は少し間をあけて 明日読もう。


明日は久々の休日。
新学期の授業のためにテキストをどっさり買い込んだ。
授業準備に着手しなくちゃ。
どうやったら上手く教えられるか
新学期に、ことしはどんな学生に出会うのか

何年教師をやっていても、
不安でしょうがない。
でも自分の抱えるこんなちっぽけな不安なんて、
被災して苦しむ人には笑い事だよな~
だらか
今日は思い切った金額を募金した。
[PR]
by endoms | 2011-03-21 23:41

いつもと違う春休みで。

たくさん本を読んで
たくさん友人とランチをして
たくさんプールに行って
たくさんゴロゴロして
たくさんブログも書いて
すこし仕事して
すこし新学期の心配をして

そんないつもの春休みは

たくさん仕事して
たくさん仕事して
たくさん仕事して

まったくプールに行かず
まったく友人とのランチもせず
まったくゴロゴロせず
全然新学期を考える余裕もなく
少しブログを書いて
すこし病気して
すこし爆発して

いつもの年とはまったく違う春休みを過ごしてきた。


そんな春休みを希望したのも私だけど・・・

それに
仕事は面白いし
職場の人間関係も良いし
仕事は成果もあって有意義だったし


でもただただ忙しかった。

1,2月は無我夢中ですごし
3月末で職場ともお別れとなると少し気持ちに余裕が出てきて

やっと
少し本が読めるようになり
すこし新学期が心配になり
気持ちは普通に戻るリハビリ中かも。

この通常ではない3ヶ月は
夫にも通常ではない期間だった。
この3ヶ月に夫は大変化
うん
夫が生活無能力者から脱皮できた。

まったく料理の出来なかった人が
朝には、今晩の食事は何にしようと悩み
初めのころはデパートでお惣菜をうんとこさかって来ていたのに
デパートのおかずには飽きるねって

スーパーに買い物に行って
作り方を調べて
どんどんレパートリーを増やしていって
帰ると夕食を作ってくれている

鍋物、炒め物、サラダ、卵焼き
「まだまだ 簡単なものしか出来ない」
っていうけど  ううん 十分だよ~。
美味しいし。

今回の連日帰宅時間の遅い仕事で
一番の収穫はこの夫の変化かもしれない。

私が早く帰宅する生活に戻ると
夫はまた生活無能力者にまい戻るかも・・・?

わっ。

大変だ。
[PR]
by endoms | 2011-03-20 22:03 | 家族の時間

地震の影響は。。。

平穏な日常の隣には思いもしない事が潜んでいると思い知らされる地震と津波
ニュースはつらすぎる

できることは募金ぐらい。

海外の友人からは安否を問うメール
日本は小さな国だからどこもここも影響を受けていると思うらしい。
確かに、住んでいる場所が今回の被災地から遠いといっても
まわりに影響を受けている人もいる。

旅行業界の人は
「旅行業界への影響は計り知れません」という。
特にインバウンドは少なくとも夏ごろ、
放射能の影響しだいでは今年いっぱいぐらいはインバウンドは望めなくなるかもしれない
と悲観的な見方をする。

確かに
アメリカの海兵隊の飛行機は
日本から160キロの地点で放射能を検知したので引き返したと報道される。
アメリカでも今回の津波で1名死者が出ている。
世界中で、この地震とそのあとの放射能汚染の可能性が報じられている。
BBCでは英国人に緊急でない日本への旅行は控えるようにとの呼びかけを放送する。
シンガポールでは日本への渡航が禁止されたそうだ。

東京の息子は、スーパーやコンビニに食べ物がなくなっている
今日は全員早く終業して帰宅したといい
放射能は大丈夫だろうかと電話で聞いてくる。

このなんともいえない不安感
先の見えなさ、身動きの出来なさ。
停滞感に繋がるよね。

未曾有の被害、被災者の長引く避難生活、多くのなくなった方達
失われた未来や希望や夢
波にさらわれた歴史

それに比べたら申し訳なさ過ぎるけど
自分達ガイドへの影響も見過ごせない。

今年のガイドの仕事は壊滅的かもしれない。
北海道にも沿岸中心に大きな影響はあったけれど
だけど、他の場所への被害は大きくはない。

北海道の元気が回復するためにも
通常レベルの観光客がやってきてほしい。

でもでもきっと、春のツアーはいろいろキャンセルされそうな。。。
[PR]
by endoms | 2011-03-15 22:06 | ガイド日記

ガイドの懇親会

ブログがかけない
書くことがないわけではない

毎日かなり刺激的なことも
新しい出会いも
充実してワクワクする仕事時間も
楽しい人との語らいも

ぜーんぶ。

人生で
望めることは 今は きっぱり 全部かなっている気がする。
でも

感性が鈍くなっているのか
感動しなくなっているのか

渦中にいるので渦が見えなくて
ただ 自分を見失っているのか

いろんな知らない人に出会いすぎか?

熱意を持って語る人の裏側が透けて見える気がしたり
誠意を語る人に薄ら寒いものを感じたり
背伸びして自分以上の自分に見せたいと願ったり。

ああ
なんか違うよな~とは思いながら。


でも今日は
やっと
久々に心の重石が取れたよう。

ガイド研修会後の懇親会。
東急デパートのひな野。
19名の仲間がしゃべってしゃべって
あっという間の3時間。

何を話したか忘れたけど
ほんとうにおかしかった。

前の席に座っていた新人ガイドさんが
「すごく面白いです。このグループ。
常に向上したい、と 努力を重ねるのをいとわない人たちの集団だから
話をしていてとっても楽しい!」って。

そうなんだ~。
そうだ。
このワクワク感と背伸びしない感覚は久しぶり~~。
[PR]
by endoms | 2011-03-07 00:01 | ガイド日記

アハハ なお金の話。

インドネシアで入国ビザ
空港で支払う
ひとり25ドル 
この日に備えて!
ガイドのチップでもらった一ドル札をぎっしり束にして100枚以上。
こういう機会でもないとなかなかなくならない。

古いので50ドル分支払おうと決めて
くしゃくしゃなのから50枚。

ハイと出すとつき返される。
「古い札はだめ!」といってると絵美ちゃん。
交渉してもかたくなに首を振る

変なこともあるものだ~
古くてくしゃくしゃだからって札が使えないなんて~

しょうがないから
他の紙幣で支払い通過。

聞くとインドネシアでは傷んだ札は交換比率が悪い 買い物でも受け取ってもらえないこともアリ
ごく普通のことらしい。

びっくり~

それにほとんどコインは見かけない。
ないわけじゃないけど、価格単位が高いのでほぼ紙幣で間に合うし、端数は切捨てが普通だという。

それにしても価格の金額の大きさには驚きっぱなし。
ベトナムよりずっとましですよ~ってわれてもベトナム行ったことないし~。

駐車場代5,000ルピアです。

わっ と思い計算するとなんだ50円じゃな~い。
チップは5万で良いよね。
わっ なーんだ500円か。

まだまだ気持ちも頭もその金額についていけず
いちいち 「わっ 高い!」と一度は思っちゃうから 面倒だ~。

ジョグジャカルタでジャワサラサの工房を見学。


広い中4名の職人サンたちは たらたらしながらも仕事をこなしている。

ろうそくで一つづつ絵を描き

b0127538_0524466.jpg

色をいれ
b0127538_0533210.jpg


熱湯でロウを洗い流し

b0127538_054337.jpg

シルクならガソリンで洗い流し

Air dry..


b0127538_0543362.jpg

工場の隣には
そうして出来た作品が並ぶ。

見学者はこの日は100%日本人。
個人のグループが4-5組かな。
良い客なんだろ。


シルクのスカーフ 自分用にゲット。

ずいぶん高いものを買ったような気がしたけど

計算してみると
な~んだ。
[PR]
by endoms | 2011-03-01 00:46