んちゃって英語ガイド

endoms.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

学生の選んだ詩 いいね~。



今日のゼミでは学生が選んだ詩を聞く。

最初のAちゃんが選んだのはシェイクスピアのソネット

SONNET 18  シェイクスピア
美しい英語の音だね。
脚韻をふんで リズムと抑揚のはっきりした英語の音

人の声が英語の音がきれい って学生たち。

良いものは良いってわかるんだ。

この人の発音は重たくて正統的



この人はもっと軽いけど情景が浮かぶような読みかただね


これは映像は???だけど
間のとり方や声の流れの軽さ 背景の音楽 なじみやすいよね。


Aちゃんの解説付きでいろいろ聞き比べ

ソネットとは14行詩
一行おきに脚韻を踏む
最後の2行も韻を踏む。

Shall I compare thee to a summer's day?
Thou art more lovely and more temperate:
Rough winds do shake the darling buds of May,
And summer's lease hath all too short a date:

Sometime too hot the eye of heaven shines,
And often is his gold complexion dimm'd;
And every fair from fair sometime declines,
By chance or nature's changing course untrimm'd;

But thy eternal summer shall not fade
Nor lose possession of that fair thou owest;
Nor shall Death brag thou wander'st in his shade,
When in eternal lines to time thou growest:

So long as men can breathe or eyes can see,
So long lives this and this gives life to thee.


paraghrase

Shall I compare you to a summer's day?
You are more lovely and more constant:
Rough winds shake the beloved buds of May
And summer is far too short:
At times the sun is too hot,
Or often goes behind the clouds;
And everything beautiful sometime will lose its beauty,
By misfortune or by nature's planned out course.
But your youth shall not fade,
Nor will you lose the beauty that you possess;
Nor will death claim you for his own,
Because in my eternal verse you will live forever.
So long as there are people on this earth,
So long will this poem live on, making you immortal.
[PR]
by endoms | 2010-06-30 23:03 | 英語 勉強する?

しばらくオペラがマイブームだった で 原稿完成

プラシド・ドミンゴ

「階段を一段一段上るように・・」

ドミンゴは1941年にスペインで生まれた。両親はサルスエラの歌手であったが、サルスエラとは、曲と地の台詞の混じったスペインの伝統的オペレッタであり、日常生活におけるトラブルや恋愛を巡って物語が展開する。両親は海外巡業公演で訪れたメキシコが気に入り、その地でサルスエラの劇団を立ち上げた。そのために1948年、ドミンゴは8歳で両親の住むメキシコに移り住むことになった。彼は学校に通いながら、家庭でも音楽に囲まれた生活をおくり、個人レッスンでピアノを習い、両親の劇団で子役を務めるなど音楽と舞台の経験を積んでいった。自叙伝では、当時の経験を次のように語っている。

私は小さい頃から劇場での仕事の基本を学んだ。オーケストラリハーサルや舞台稽古を見学し、舞台装置係や衣装係が働く姿を見、オーケストラの譜面台に楽譜を並べたりした。両親は興行主でもあったから、私は舞台の厳しい一面も見ていた(p23)。

 こうした環境で育った彼はプロの音楽家を目指して、14歳でメキシコ国立音楽院に入学して、指揮とピアノを習いはじめ、まもなく声楽にも興味を持つようになる。しかし、16歳になった頃に人生の転機が訪れた。それは、最初の結婚をして、子供が生まれたことであった。彼は「ある意味で結婚は私のキャリアに拍車をかけた。何しろ妻と子供と、そして自分自身を養うために、とにかく働かなければならなかった(p28)」と語るが、生活のために彼は音楽院をやめ、サルスエラのバリトン歌手としてデビューしたのだった。この早すぎた結婚は、結局わずか1年で破綻したが、彼は声楽の訓練やプロの歌手としての活動を継続し、音楽仲間との勉強会などに参加し、バレエ、ミュージカル、テレビ、レコードの仕事をするなど、さらに広い範囲での音楽活動を目指し始めた。

 1959年に、彼はオペラ歌手を目指して、メキシコ国立歌劇場のオーディションを受けたが、その際に審査員からバリトンよりもテノール向きの声だと指摘された。テノールはバリトンよりもさらに高音域の男声で、オペラではテノールが主役を演じることが多い。ドミンゴにとってテノールは未経験であったが、その場でテノールの楽曲を初見で歌い高音域はかすれたにもかかわらず、テノール歌手として採用された。ドミンゴは、将来オペラで活躍するためには、どうしても高音域を発声できるようにする必要があると考えた。

 テノール歌手には、二つのタイプがあるといわれる。一つは天性の能力が備わっていて全く努力しないで、声楽の最高音である高音Cが自然に出せる人。もう一つは、努力によって高音域の発声を習得していくタイプである。例えば、ドミンゴのライバルであり友人であるルチアノ・パヴァロッティは前者のタイプであったが、ドミンゴは後者のタイプであった。「私はその高音Cのために戦わなければなりませんでした。一段一段、段階を追って自分のものしなければならなかったのです」とロンドンの新聞、サンディ・タイムズ紙のインタビューで語ったように、ドミンゴは練習を重ねテノールの発声法をマスターしていったのであった。この時期に発声法と同時に、声のコントロール法や声のトラブルへの対処法も身につけていったが、それは結果として彼の歌手生命を長引かせることになったといえる。

 ドミンゴは1962年に、現在の妻マルタと再婚するとすぐに、イスラエル歌劇団に活動の場を得た。約2年半のイスラエル滞在期間に多くの舞台経験を積んで、その後アメリカに移住し、アメリカで活動を始め、1968年には、世界的な歌手が出演するメトロポリタン歌劇場でのデビューが実現した。ドミンゴは長年憧れていた舞台に、やっと立つことが出来たのであった。彼は、実際の同劇場デビュー予定日よりも数日前に、急遽代役として出演することになったのだが、日頃から練習を重ねてきていたこともあり、高い評価を得たのだった。そしてそれを皮切りに、イタリアミラノのスカラ座やイギリスのロイヤル・オペラ・ハウスなど世界の名劇場でのオペラ公演を行うようになり、それらの諸公演で成功を収め、人気と名声を手にし、世界のトップテノールの地位に上り詰めていった。このようにドミンゴの成功は順風満帆に見えるが、その陰には、彼のたゆまない努力があったことを元メトロポリタン歌劇場支配人は回顧録で以下のように記している。

 ドミンゴは人をひきつける魅力にあふれているので、さほど努力もなく歌えるのだろうと普通のオペラファンは勘違いしてしまいがちだが、そうではなく、公演のために、必死で練習をして、メイクアップ、鬘、衣装などがすべて完璧な状態になるように準備する。・・・中略・・・それでいながら、公演直前には神経質になり、公演がうまくいくかは神様しだいで、神様が助けてくれたら上手くいくと運命論者的なことを言うほどであった。・・・・中略・・・・そして公演後は、たとえ大成功であっても、くつろぐことはせずに、自分の公演のあらゆる瞬間をリプレイして、フレーズやテンポ、または抑揚と色彩をどのように調整すべきかを熟慮し、次の公演がより豊かで、かつ心地よいものになるように心をくだていた(注p241)。

 このように、常に努力を重ねる姿は、ちょうど青年期にバリトン歌手からテノール歌手の高い音域を獲得するために、「階段を上るような」地道な努力を重ねた日々から継続されてきたものであろう。



「休むと錆びる」

 子供のときから舞台と関わってきたドミンゴであったが、1962年から65年のイスラエル歌劇団在籍中に彼の仕事ぶりの原型が築かれたのではないかと思われる。この2年半の期間に、12作品を演じ、公演回数は300回にも上り、非常に忙しいきついスケジュールだった。公演回数が多いので、日程が詰まっていて十分な休暇期間が与えられず、その上、一つの作品にかけられる練習期間も短いというハードスケジュールであった。しかも、連続しての公演が予定された場合にはリハーサル体制が整わず、ほぼぶっつけ本番での公演を経験したこともあった。しかし、このようなイスラエルでの経験のおかげで、逆に過密な公演スケジュールもこなせるようになり、困難な状況にも対応できるようになったと、後年、彼は述べる。その後、世界的な名声を得てからも、自ら過密な公演スケジュールを組むので、周囲は、健康を害し声に悪い影響が出ることを心配した。しかし、ドミンゴはそのような周りの声には耳を貸さず「私の場合は歌えば歌うほど声が良く響くようになる」と舞台活動を継続してきた。

 1990年にドミンゴは、ほぼ同年代のルチアノ・パヴァロッティ、ホセ・カレーラスと共に3大テノールを結成した。結成の目的の一つは、白血病から回復したカレーラスが白血病研究のために設立した財団の資金集めを援助することであった。3大テノールは、同年行われたワールドカップ開会式で歌を披露し、それが世界中に放映されたことで、オペラへの関心を一般に広げる役割を果たしたといわれる。その後も、3大テノールの公演は行われたが、現在ではカレーラスは引退し、パヴァロッティは死去し、現役歌手として活動しているのはドミンゴ一人となってしまった。彼は現在まで、40年以上にもわたり現役歌手としての活動を継続し、122のオペラの演目で主役を演じ、オペラ史上最多記録を打ち立てたのであった。

 2010年の2月には、東京公演中の68歳のドミンゴに癌が発見され、3月に彼はニューヨークで手術を受けた。この闘病を契機に引退がうわさされたが、手術の1ヶ月後、4月には高齢と思えない回復の速さで、イタリアミラノでのオペラ公演に復帰し、その後も同年5月から7月のオペラシーズン中だけでも、カタール、ロシア、イギリス、アメリカ、スペインと各国での公演が予定されている。
また、ドミンゴは、オペラの世界ばかりではなく、ポピュラー音楽、ロック音楽など幅広いジャンルの音楽家と世界各地でコラボレーションを行っている。さらには、指揮者や音楽監督としても活動し、近年では若手の育成活動に取り組んでいる。彼の公式ホームページは「休むと錆びる」という彼の人生ポリシーを表す言葉で始まるが、それは彼の生き方そのものであるといえよう。
[PR]
by endoms | 2010-06-29 23:14 | 卒業式のスピーチ

風の岬



b0127538_2124767.jpg


若い母親と5歳ぐらいの女の子
襟裳岬の標識の前で
父親が構えるビデオに向って
♪ゲンコツっ山のたっぬきさん~~♪ 
って手遊びしながらニコニコ画面に収まっている

やがて
父親もセルフタイマーで写真に加わって
思いっきりな幸せぶり

さっそく「幸せ家族」と命名

この風の中で
何故襟裳岬で?
げんこつやま?

何故?

幸せ家族を・・・演じているとしか思えん!・・・
・・家族心中の・・・最後の思い出つくり?

あっからかんとした幸せぶりに違和感を感じる岬

風 風 風

b0127538_21243951.jpg
b0127538_2124526.jpg
b0127538_2125347.jpg


いや、
私たちがヒネ曲がってただけだったかも・・・


風 風 風


写真に風が写しこめない・・・

風 風


襟裳岬から
黄金道路を通って広尾へ

さすがに十勝
涼しい日高とは違い車の外気温計は36度を指す。

大森ファームが目的地だった。
風のガーデンの植物はほとんどここから運ばれたものだという。
さすがにセンス良い
寄せ植えは
色と形と質感のコントラストを遊び
懐かしく元気なフォルム
野原に咲き乱れる草花のイメージがこの農園のコンセプトだね

久々に花を触ってみたくなった。

36度をはるかに超える室内温のガーデンショップで
宿根草を買って
旅を締めくくる
[PR]
by endoms | 2010-06-28 21:27

様似 久野さんのガルム魚醤と等澍寺

北広のインターから道央道に乗り、そのまま日高道を富川までひた走る。
一日が長いね。まだ7時半過ぎ。
道の駅も開いていない。
日高、新冠、静内、浦河へ南下
パン屋さんも開店前。
牧場が道の両側に広がり、馬がのんびり草を食んでいる。
町の商店街のシャッターは閉まってるね~。
あっまだ9時前だし。スーイスイ襟裳を目指す。
直ぐについてしまいそうだね。

様似の漁港
b0127538_23514616.jpg
b0127538_23515961.jpg


が、
第一の関門が待ち構えていたのだ。
魚醤フリークを自認する友人は 
久野水産(TEL.01463-6-4538)の魚醤をGETする!
ここのがいっちばんまろやか!で美味しいと。
鍋ものや湯豆腐、煮物の隠し味に
ベトナムではレモン汁と混ぜて使うそう。

 この大きい家だね!
ごめんくださーい。

奥さんは従業員のお昼を作っているところ。
なのに どうぞどうぞ と。 
突然訪問したのに
魚醤の倉庫を見学して良いと。
100年以上も前に立てられたという倉庫の太い一枚板の天井梁!
鮭の山漬けはここで作る。

b0127538_23525578.jpg


ガイド的に見て非常な観光資産。

清潔な魚加工場の真面目な匂い。
鮭と麦麹か米麹と塩を発酵させて作るのが魚醤。

久野水産の魚醤レッテルには
ガルム
「シーザーが愛した古代ローマの調味料」だって。
b0127538_23465168.jpg



この文言は私の中で大ヒット!古代ローマに飛んじゃう視点が良い!

こんなまじめな仕事をしている人の製品はぜひ流行って欲しい。
魚醤に生鮭をつけておくと長い間新鮮な風味が保てるんだって。

久野さんに
東蝦夷地時代の3官寺の一つ等澍寺をお聞きして


b0127538_23495170.jpg
数年前に移転新築された等澍寺を訪ね
本堂で、住職さんから寺の縁起を聞く。


奥さんがお抹茶とお菓子をどうぞって。
こんな心遣い 素敵
b0127538_091867.jpg



1799年に東蝦夷地だった時に
ロシアの領土拡大の動きに対抗してまた、ラッコ交易の基地として北海道が重要視されそこには住む人たちの拠り所、信仰や儀礼の場として、幕府の直営の3寺が立てられた。
有珠の善光寺、様似の等澍寺、根室の国泰寺。
その筆頭寺がこの様似の寺。
一キロ先の川沿いに作られたけど、地盤の悪さと熊の害で移転。
そこも地盤が悪く
さらに現在地に移転したのは数年前という。
護摩堂ももうじき境内に移転できるという。

古文書の写し、様々な仏像 さらには聖徳太子像や観音様などを見せていただく
横から見ると前のめりの上体と、膝を屈めた立ち姿
慈悲の心が美しい観音様。


寺を辞して
護摩堂へ。
護摩をたいてその煙を身体にまとい 邪なるものから身を守ろうとした
護摩堂の中には、護摩符を燃やした跡がある。祈祷者の名前と祈祷文も。

b0127538_23535875.jpg


移築前の寺に続く階段
門を入ると風情のある移築前の寺。
b0127538_23593083.jpg


あっという間に時間がたち
こんなにゆっくり寄り道したら
襟裳岬に永遠に到着しないんじゃない?って
いいながら・・・

やっぱり またより道

梅谷の尻餅

おやき屋の名物おやき

歴史の街はお菓子が美味しい!
[PR]
by endoms | 2010-06-28 00:05 | 自分の旅

Dog's Life @ ぱんぱかぱん 

浦河町の「ぱんぱかぱん」
超人気のパン屋さん。
ハード系もベーグルも何でも美味しいという。
 
オーナーは友人の知り合い。

どうしてパン屋さんになったの?

昔からなりたかったのよ。
中学の時からパンを作るのが好きで
高校でもパンを作り続けて
どれほど小麦粉を無駄にしたか・・・!
両親のおかげよね。黙って許してくれたから。

でも
パン屋の道は進まずに現実的に
栄養士になって地元へ帰った
それでもパン作りが好きで作り続けた
でも思うようなものは出来ない。
ある日 TVでプロのパン作りを食い入るように見ていた。
違いはどこだ?

ああ こねかただ。
こんなにも徹底的にこねるものなのだ!
長い間の疑問が解けて少し自分のパン作りの腕が上がった。
それが20代半ば。
30歳頃から、
少し人に喜ばれるパンが作れるようになり
35歳できっぱり職場の保健所を退職
パン屋さんになった。

それからずっとパン屋さん。
新しい小麦粉を使うときは今でもうまくいかない。
なじむまでに1ヶ月はかかる。

今年使っているのは「春よ恋」
すぐ近くの穂別あたりで取れる新しい品種の小麦。
はじめは試行錯誤。

道産小麦で、どう美味しいパンを作るか
地元の食材を使って美味しいものが出来ないか

まだまだ

今はコンブのパンを作ってる

どこからどうみても”こんぶ~~!”っていうのじゃなくて
食べた後にホンノリ コンブのうまみが残る

美味しい日高コンブで、臭みのないだしをとり・・・。

そうね。
地味に真面目に
自分の仕事を続けていく。
それが一番。


そうだよな~。
彼女の言葉に、力と勇気がわいてくる。

地味にまじめに自分のできることを続ける。


夕刻を過ぎても日はまだ高く
海の見える窓辺で
入れたてのたっぷりしたコーヒー
忙しい仕事を終えた彼女のそんな話を聞きながら
窓の外には
太平洋 と ゴールデンリトリバー
犬の生活 Dog's Lifeっ?
英語では惨めな生活って意味だけど・・・

b0127538_0585770.jpg


こんなDog's Lifeなら Dog's Lifeを送りたい!


結局、
帰宅は夜9時過ぎ。
出発朝6時。
長~い旅だった~~

友人と交替で運転しながら
浦河、様似、襟裳岬、そして文化圏を超えて
目的地の十勝の広尾へ

私たち
いろいろな人との出会いでさらに元気になったかも!
[PR]
by endoms | 2010-06-27 00:38 | 自分の旅

つまんないような 実は安心なような


エジンバラから
滞在する
学生寮が決まったと連絡。


ちょっとドキドキ。
だって、中にはネズミが住み着いてる寮も
バスで10分の寮もある


前回住んだのは、キャンパスから徒歩1分というか隣。
キッチンも広く設備もOK。洗濯機も立派。
一番便利な場所だった。

同じ寮なら良いな~

期待しながら書類を見ると

ビンゴ!同じじゃん。
途端に
周辺のお店やレストラン
が思い浮かぶ

ふ~~と安堵。
安堵したとたんに

これでよかったのか?
違う場所だったら、また違う経験があったようなちょっと残念な気分に

そんなときに長男からTEL
ヤツの電話はめったにこない。
きたときは吉報か凶報の両極端

交通事故で怪我した
留年決定だよ スペイン語落とした
海外勤務がきまった香港
今、急に札幌にいる。これから帰る

もうどんな内容でも驚かないぞと思った矢先に



4月には会社を辞めた 
と とっても弾んだ声で。

そう良かったね といいながらも ちょっと惜しい気がした。

今日の電話は再就職した
7月から勤務
と とっても弾んだ声で。

そう良かったね といいながら 

ああ この子は何をしても弾んでる。


・・・ふとよぎった。


この子が私なら
同じ寮は望まないんだろう。
不便でも、汚くても
新鮮なものを望むだろう。
私も彼の年齢なら、違う経験を望んだかもしれない

途端に
同じ寮だ!
って喜んだ自分が、
ちょっとつまらない存在に思えた。
[PR]
by endoms | 2010-06-25 00:09 | 自分の旅

忘れた頃 さくらんぼ

さて、仕事に出かけようとすると
宅配便

ワーさくらんぼだ
毎年送ってくれる増毛から?

今年は早いな~

と見ると

b0127538_0384725.jpg


え?
サンタクララ

なんか聞いたことあるな~

ロバートタナカ??


去年、ガイドの仕事で
札幌・小樽を案内した
さくらんぼ農場の!

「お世話になったから
来年サクランボの時期には家の農場からとれたてを送るからね!」

ありがとう! 
っていったもののほんとに送ってくれるとは思っていなかった。

なんて律儀な。

箱にびっしりのアメリカンチェリー
b0127538_0434436.jpg


正直甘いだけで苦手だったけど
これは酸味も甘みもパーフェクト。
それに何より

このサクランボが約束通り
太平洋を越えてやってきたことがうれしい。
[PR]
by endoms | 2010-06-24 00:45

一日の終わりに反省しない。

b0127538_0103782.jpg




自分が書いた本か?
一瞬目が点になる!
・な はずない。
著者はニーチェ。
今年出版されたばかりの超訳『ニーチェの言葉』

一日の終わりに反省しない

ニーチェ お前もか!

そうだよ。
反省はしないんだよ ワトソン君。

先週の伊達研修で訪問した伊達噴火湾研究所

永山優子さんが
週末にリアイズム絵画教室を開催していて。
生徒は小学生から大人まで。

見学したのは小学生の教室。

その時に
今日はこれをみんなで読みました と永山さんが手にした本が
「ニーチェの言葉」

えええ  小学生とですか?
 と自分の存在を突き詰める暗い顔のニーチェのイメージが浮かんでくる
小学生と読んだページは
たしか、
誰もいないと思って、自分が怠けると先生にはわからなくても、自分にはわかるんだよ

なんてページだった。

ははは わかりやすい。

こんな授業を受けられる小学生。
絵を書くのは心も頭も表出する作業だから

まずは考えることを意識させるんだろうね。

ニーチェというだけで難解と思い込んできたが
アラよさそう。
amazonで注文しようとサイトを見たらどこか
耳なじみのある
この言葉。
そうだ。
今日もいろいろ思うところはあるが
反省はしない。

注文確定して、さあ オヤスミ・・・
[PR]
by endoms | 2010-06-23 00:21

ワールドキャッシュカード さて 使い勝手は?

今年の8月のイギリス旅行は1日~25日まで。

楽しんでおいで!と夫からもお小遣い。
ありがとう!

そろそろポンドを買わなきゃ。

エジンバラで約2週間
スコットランド旅行に4泊5日
エジンバラ1泊
ロンドン5泊
の旅程で
いつもと違って移動が多い。

さて、
すべて現金?TC?
安全かな?

ポンドを買いに行き
シティバンクで海外で引き出せる口座は?
と相談すると
窓口の人が「りそな銀行」に
もっと使い勝手の良いシステムがあると教えてくれる。
そこで
りそな銀行へ。
Travelex窓口で説明されたのは
ワールドキャッシュカード。

預金口座ではなく、ただお金を入れておくだけの口座

暗証番号を入れて普通の
銀行キャッシュカードのように現金を引き出すことが出来る

海外の通貨で日本で入金して
現地で少しの手数料で引き出せる。
現地では入金は出来ない。

へー
便利なものがある。

お小遣いをポンドでこの口座に入金

ATMが見つかるかな~?
って使い勝手に不安はあるけど、
安心感には変えられない。
多分、便利なはず。

さて??
[PR]
by endoms | 2010-06-21 11:37 | 自分の旅

 父の日はいつから?

父の日の起源
アニーのサイトから

約70年かかって国民の祝日になっているンだね~~。



1908年のウエストバージニア州で始めての父の日の礼拝が行われた。
でも、ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッドが
父の日を全国的に祝おうと言い出した人だと歴史家の意見が一致。

Dear Readers: A few years ago, we printed the history of Mother's Day. Now it's Dad's turn. Dr. Robert Webb of West Virginia is believed to have conducted the first Father's Day service in 1908, but most historians credit Sonora Smart Dodd of Spokane, Wash., with the idea of making Father's Day a national day of recognition.

ドッドは礼拝で母親の苦労が称えられるのを聞いて、
南北戦争の退役軍人だった自分の父の苦労を思った。
彼も妻の死後男手一つで5人の子供を育てたんだから、
同じように感謝の念を表されるべきだと思った。

それで、1910年の6月19日に父の日の礼拝をしてもらった。
本当は父の誕生日が良かったんだけど、
牧師のスピーチが出来上がらなかった。
地元の教会でYMCAも、父への感謝の日という考えには大賛成!

According to the story, Dodd heard a sermon about the sacrifices made by mothers and thought her own father, Civil War veteran William Jackson Smart, deserved equal accolades because he had raised her five siblings and her after their mother died. Dodd arranged her first Father's Day celebration on June 19, 1910. (She initially wanted it on June 5, her father's birthday, but had to wait for sermons to be written on this new subject.) The idea was wholeheartedly supported by local ministers and members of the Spokane YMCA.

でも、なかなか全国的には広がらなかった。
冗談?ってさえいわれた。
1913年になって、ウイルソン大統領が賛成してくれて、
1916年に法案が議会に提出され、賛成者もいたけど。
当時の国会議員は男性だけだったので、
自分たちのためだと思われそう・・と法案は否決されてしまう。

However, her idea to make it a national holiday received a less enthusiastic response. Some considered it a joke. In 1913, the idea was approved by President Woodrow Wilson, and in 1916, a bill was finally introduced. Among the first to back the idea was William Jennings Bryan. But the all-male Congress felt it might be interpreted as too self-serving. The bill was defeated.

1924年になって、クーリッジ大統領が州毎にお祝いしたら良いと言い出して、
1926年にはニューヨークで全国父の日委員会が作られた。
1956年になって、両院で父の日を設ける決議がされた。

In 1924, President Calvin Coolidge recommended that states have their own celebrations, and in 1926, a National Father's Day Committee was formed in New York. In 1956, there was a Joint Resolution of Congress to recognize Father's Day.

1957年にマーガレット・チェイス・スミス上院議員が法案提出。
「父、母、どちらにも感謝の意を表したい。
片方だけに感謝をするのはいかがなものか。
母親だけに感謝を示し父親への恩を表さないのは、おかしい!」

そこで1966年にはジョンソン大統領が
6月第3週を父の日と定めるとの宣言をしたが、
1972年に
ニクソン大統領の下で始めて父の日が恒久的な国民の祝日となった。

In 1957, Sen. Margaret Chase Smith wrote to Congress saying, "Either we honor both our parents, mother and father, or let us desist from honoring either one. But to single out just one of our two parents and omit the other is the most grievous insult imaginable." In 1966, President Lyndon Johnson made a proclamation that the third Sunday of June be Father's Day, but it wasn't until 1972, under President Richard Nixon, that Father's Day became an official, permanent national holiday.

紅白のバラが父の日の公式の花。
しってた?

故人となった父親には白バラ。
存命なら赤いバラでありがとうの気持ちを伝える!

Did you know the white rose and red rose are the official flowers of Father's Day? The white honors a father who is deceased, and the red expresses thankfulness to one who is living.
[PR]
by endoms | 2010-06-20 17:46 | アメリカの人生相談