んちゃって英語ガイド

endoms.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 36 )   > この月の画像一覧

LIVE and LAUGH(4)

Try it now—don't wait. Today is the day to begin. Or, if it is night when you run across these lines, drop this book and trot yourself around the block a few times. Then come back and you'll enjoy it more than you would otherwise. Activity makes for happiness as nothing else will and once you stir your blood into little bubbles of energy you will begin to think of other means of keeping your bodily house in order. Unless you make a first effort the chances are you will do very little real thinking of any kind—we need pep to think.
今すぐにはじめる!
のびのびにしない。 

今日すぐ始める。
思い立ったのが夜なら、こんな本は置いて、
自分の近所を、数周走ってみる。

その方が、この本も楽しく読めるはずだ。
幸せになるために一番良いのは身体を動かす事。
血液を動かして
エネルギーがジワリとわいてきたら、
健康を保つために何が出来るか考えるようになる。

最初に身体を整えなければ、
良い方法は思いつかないものだ。

考えるためには活力剤が必要!

Think what an opportunity we miss when stripped at night if we fail to give our bodies a round of exercise. It is so simple, so easy, and has so much to do with our sleep each night and our work next day that to neglect to do so is a crime against nature. And laugh! Man alive, if you are not in the habit of laughing, get the habit. Never miss a chance to laugh aloud. Smiling is better than nothing, and a chuckle is better still—but out and out laughter is the real thing. Try it now if you dare! And when you've done it, analyze your feelings.
夜パジャマに着替える時までに、
一度も運動していないのはもったいない事。
運動は、簡単で単純で
運動するとよく眠れるし
次の日の仕事の進み方も左右する。

運動しないのは身体に対する犯罪だ!

運動と笑い!
生き生きと笑う!
もし
笑うことに慣れていなかったら習慣になるまで練習する。
大声で笑う機会は逃さない。
何もしないよりは笑顔でもいい。
ふふふと笑うのはもっといい。
でも
本当にいいのは大声で笑うことだ。
ぜひすぐに大声で笑ってみること!
そして
笑った後
自分の気持ちがどうなっているかチェックする!

I make this prediction—if you once start the habit of exercise, and couple with it the habit of laughter, even if only for one short week—you'll keep it up ever afterwards.
たぶんこうだと思う。
必ず運動をするようにして
同時に笑うようにしたら
1週間も続けたら、そのあとも続けられる。

And, by the way, Friend Reader,—don't be alarmed. The personal pronouns "I" and "you" give place in succeeding chapters to the more congenial editorial "we." I couldn't resist the temptation to enjoy one brief spell of intimacy just for the sake of good acquaintance. Have a laugh on me.
読者のみなさん。
私とかあなたという表現はもうやめます。
次の章からは、無難な「私たち」と書きます。

私をよく知っている人への親しみをこめて、
「私」と書いてみたかったのです。

私の事をネタにして笑っていいよ!


これで第1章は終わり。
読みながらどんどん訳しているだけなので間違いもあるかもね。
でも、こんなに楽しく読めて訳せて気分転換にぴったり。
でも

気分転換しすぎ?
[PR]
by endoms | 2009-07-31 00:00 | 翻訳は楽し

LIVE and LAUGH(3)

Wherein lies this magic of laughter? For magic it is—a something that manufactures a state of felicity out of any condition. We've got to admit its charm; automatically and inevitably a laugh cheers us up. If we are bored—nothing to do—just laugh—that's something to do, for laughter is synonymous with action, and action dispels gloom, care, trouble, worry and all else of the same ilk.
でも、笑いという魔法はどこから生まれる?
笑いは魔法だよ。
どんな状況にいても幸せな気持ちを生み出せるんだから魔法に違いない。
笑いの魔力は否定できないよね。
笑うと必ず、自然に明るい気持ちになる。
退屈したら笑おう。
笑うことはいつでもできる。
笑うことも行動だから、
行動すると重い気持も心配も問題も、
気がかりもみんな飛んでくから。

Real laughter is spontaneous. Like water from the spring it bubbles forth a creation of mingled action and spontaneity—two magic potions in themselves—the very essence of laughter—the unrestrained emotion within us!
心からの笑いは自然にこみ上げるもの。
泉から湧き出る水のように、
ふつふつと
自然に沸いてくる。
言葉で表せない行動。
それが魔法の薬で笑いの真髄。

So, for me, it is to laugh! Why not stick along? The experiment won't hurt you. All we need is will power, and that is a personal matter for each individual to seek and acquire for himself. Many of us already possess it, but many of us do not.
だから、笑うことだ!
僕はそうする。
一緒にやってみない?
試してみても損はしない。
必要なのは意志の力。
自分が願って求めると意志力は強くなる。
するもしないも、その人次第。

意志の力がある人も多いけど、ない人も多い。

The average man on the street for example. Watch him go plodding along—no spring, no elasticity, no vim. He is in check-rein—how can he laugh when his pep is all gone and the sand in his craw isn't there any more? What he needs is spirit! Energy—the power to force himself into action! For him there is no hope unless he will take up physical training in some form that will put him in normal physical condition—after that everything simplifies itself. The brain responds to the new blood in circulation and thus the mental processes are ready to make a fight against the inertia of stagnation which has held them in bondage.

平均的な人を例にとってみよう。
見てごらん。
重い足取りで歩いていく、躍動感も、ばねもなく。
重い頸木をつけているみたいだ。
弾む心も、
活力もなくては笑うことなど出来やしない。

いま、彼に必要なのは魂だ!
行動に駆り立てるエネルギーだ。
自分をちゃんとした正常な状態に戻すための運動をしようと思わなければ、
どうにもならない。

身体を整えさえすれば、
あとはとんとん拍子でいく。
血流が良くなると、
脳が働き出して、
鎖で縛られてるみたいな鈍い動きをどうにか直そうと考えるようになる。

And, mind you, physical training doesn't necessarily mean going to an expert for advice. One doesn't have to make a mountain out of a molehill. Get out in the fresh air and walk briskly—and don't forget to wear a smile while you're at it. Don't over-do. Take it easy at first and build on your effort day by day. A little this morning—a little more tonight. The first chance you have, when you're sure of your wind and heart, get out upon the country road, or cross-country hill and dale. Then run, run, run, until you drop exhausted upon some grassy bank. Then laugh, loud and long, for you're on the road to happiness.
断っておくけど、
必ずしも専門家に頼らなくても身体は鍛えられる。
大げさなことじゃない。
外に出て、新鮮な空気を吸って、
きびきびと歩く。
その間も笑顔でいる。
やりすぎない。
最初は少し、少しづつ頑張る量を増やしていく。
朝にあれを少し、夜にはこれを少しっていう感じで。
そして、時期が来たと思いその気になったときに、
田舎道やクロスカントリーの丘へでかける。
そして 走って 走って 走って 
疲れたら草の上にばたんと倒れこむ。
そして、
笑う、
大声で長く。

それが幸せの第1歩。
[PR]
by endoms | 2009-07-30 23:31 | 翻訳は楽し

LIVE and LAUGH(2)

I mean do you ever laugh right out—spontaneously—just as if the police weren't listening with drawn clubs and a finger on the button connecting with the "hurry-up" wagon? Well, if you don't, you should. Start off the morning with a laugh and you needn't worry about the rest of the day.
自然に笑った事ある?
お巡りさんが警棒片手に隣に立って「早く笑っちまうんだ!」
って脅してるなんて状況じゃなく・・・。
もし笑った事がないなら、
笑ったほうがいい!
朝起きてすぐに笑う。
もう、その日はそれでばっちりうまくいく。

I like to laugh. It is a tonic. It braces me up—makes me feel fine!—and keeps me in prime mental condition. Laughter is a physiological necessity. The nerve system requires it. The deep, forceful chest movement in itself sets the blood to racing thereby livening up the circulation—which is good for us. Perhaps you hadn't thought of that? Perhaps you didn't realize that laughing automatically re-oxygenates the blood—your blood—and keeps it red? It does all of that, and besides, it relieves the tension from your brain.
僕は笑うのが好きだー。
すっきりする。
しゃきっとして、大丈夫って言う気になる。
頭もよく働く。

身体にも笑いは必要だ。
神経系統に必要。
腹の底から思いっきり笑うと、胸が動いて、
血液が勢いよく流れて、血流が良くなる。
それって身体に良いよね。
考えたことなかった?
笑うことで自然に血液に酸素が取り込めるって知らなかった?
笑うと血液が酸素をとりこむ。
そして酸素たっぷりの真っ赤な色になる。
みんな笑いのおかげ。
それだけじゃなく、笑うと脳の緊張感もとれるんだ。

Laughter is more or less a habit. To some it comes only with practice. But what's to hinder practising? Laugh and live long—if you had a thought of dying—laugh and grow well—if you're sick and despondent—laugh and grow fat—if your tendency is towards the lean and cadaverous—laugh and succeed—if you're glum and "unlucky"—laugh and nothing can faze you—not even the Grim Reaper—for the man who has laughed his way through life has nothing to fear of the future. His conscience is clear.

笑うのは習慣だってことだけど、
練習しなきゃ笑えない人もいる。
でも練習すればいいだけ!
笑って長生きしよう!
もし、死にたいって考えがよぎるなら、笑って心のバランスを取ろう。
もし病気がちで元気なかったら笑って健康になろう!
もし痩せすぎて、貧弱なら笑って太ろう。
もし、なにをやっても今いちで、いつも「ついてない」なら、笑って成功しよう!

死に神でさえ、
笑ってる人を不幸にはできない。
人生を笑って生きると、
将来も何も怖いものがない。
笑う人は、自分の人生をどう生きたらいいかわかっているから。
[PR]
by endoms | 2009-07-30 22:52 | 翻訳は楽し

LIVE AND LAUGH

LIVE AND LAUGH
ダグラス・フェアバンクス

CHAPTER I
第1章
"WHISTLE AND HOE—SING AS WE GO"
鼻歌を歌ってすごすー

There is one thing in this good old world that is positively sure—happiness is for all who strive to be happy—and those who laugh are happy.
Everybody is eligible—you—me—the other fellow.
Happiness is fundamentally a state of mind—not a state of body.
And mind controls.

この世界で確かなことがある。
幸せになりたければ笑うことだ。
みんな、あなたも、私も 誰でも 幸せになれる。
幸せは身体の状態じゃなく 心の状態。
幸せを生み出すのはこころ。


Indeed it is possible to stand with one foot on the inevitable "banana peel" of life with both eyes peering into the Great Beyond, and still be happy, comfortable, and serene—if we will even so much as smile.

人生の「バナナの皮の上」でいつ滑ってしまうかもしれない状況で、
片足ケンケンで立って、
先の事をじっくり考えてる時でも、
笑顔でいさえすれば、
幸せで、満ち足りた穏やかな気持ちに

It's all a state of mind, I tell you—and I'm sure of what I say. That's why I have taken up my fountain pen. I want to talk to my friends—you hosts of people who have written to me for my recipe. In moving pictures all I can do is act my part and grin for you.
幸せは心の状態。
確信があるから、それを書こうと思い立った。
アドバイスを求めて手紙をくれた人や友人に伝えたい。
映画で僕が出来るのは、自分の役を演じて笑顔を見せることだけ。

What I say is a matter of your own inference, but with my pen I have a means of getting around the "silent drama" which prevents us from organizing a "close-up" with one another.

僕の言った事は好きなように解釈される。
でも書くことで、
画面では伝わらない「僕の内面の考え」が分かってもらえて、
距離が縮まる。

In starting I'm going to ask you "foolish question number 1."—
Do you ever laugh?

最初に馬鹿げた質問。
その①.
笑った事ある?



アメリカの俳優は
こんな書き出しで「笑い」の本を出している。
当時の大ベストセラーだったらしい。
[PR]
by ENDOMS | 2009-07-30 11:58 | 翻訳は楽し

仲間とランチ

ホテルクラビーの1FのレストランでSILC仲間とひさびさのランチ

イル・メメントは落ち着いた感じのイタリアン

前菜の飾り盛りが絵のようで楽しい。

b0127538_1564062.jpg


はーとの器にスモークサーモン
一輪ざしにはコーンスープ
平貝も新鮮で程よい調理

SILCの仲間のランチは
9月のジョーンズ先生のセミナー打ち合わせも兼ねている

ハンドアウトを読む。
Jamime Duck
の物語をTRICKSTARの概念も使って説明しようとするあたりが
彼らしい。

さらにはロシア人の説話研究者の童話分類法まで。

アラン・ダンダスもおなじ説で
シンデレラの分析をしているから
ミルンの物語にも適切であろう。
さらには
スキマータの考えをも話すらしい内容になっている。

これはかなり面白いセミーになることが期待できそう。
ワクワク感で
互いの近況を語り合う

あ~今日の夕方は最後の授業
タイム誌のバウハウスに関する記事。
イスラエルのテルアビブでは
バウハウスがどんな変化を遂げたかという非常に面白い内容。。
筆者の意図と段落のl構成をメインに話す予定

そういえば 
昨日はプールで友人とマーラーの5番についておしゃべり。
マーラーは1番が好き?それとも5番?
バウハウスと言えばと彼女が言う。

・・・有名な話だけどぉ

グロピウスはマーーラーの妻と不倫でェ
マーラーが悩んで心を病みィ
フロイトの患者となりィ
フロイトの勧めでイタリアに転地療養ぅ
その状況で
つくられたのがビスコンティの『ベニスに死す』
映画の
最後にかかるマーラーの5番の3楽章ぅ
何度聞いても胸が震えるぅ

うん。それは私も同感。
これからの
授業で不倫に触れちゃいそうな予感??

行ってきまーす。
[PR]
by endoms | 2009-07-29 15:06 | 英語 勉強する?

人生に関する言葉

500Fun Things About Japanという本が面白い
でも、誤解も山ほど。。トほほと読んでる。

夏休みは忙しい

今年は夏の海外旅行は取りやめ。
それ以上にやりたいことが目白押し。

読書 読書
翻訳 翻訳

教えることで
自分が抜け殻になるのではなく
自分の知っていることを出せば出すほど
生徒から多くもらう
出した以上にもらって黒字の収支決算。

だから、
悪いから
今年の夏休みは自分の中に知識を貯蓄する。

英語の格言や人生に関する言葉をコレクション

The purpose of life is a life of purpose. -- David Byrne



Don't judge each day by the harvest you reap, but by the seeds you plant. -- Robert Louis Stevenson



You can complain because roses have thorns, or you can rejoice because thorns have roses. -- Thomas Wilson



The greatest pleasure in life is doing what people say you cannot do. -- Walter Bagehot


Twenty years from now you will be more disappointed by the things you didn't do than by the ones you did do. So throw off the bowlines. Sail away from the safe harbor. Catch the trade winds in your sails. Explore. Dream. Discover. -- Mark Twain



We don't stop playing because we grow old; we grow old because we stop playing. -- George Bernard Shaw

どれも有名な言葉ばかりだけど
何度読んでも元気になる。
[PR]
by endoms | 2009-07-28 22:50 | 英語 勉強する?

翻訳できるかな?

前期の授業はほぼ終わり。

後期の
翻訳クラスの教材を集める作業。
午後を図書館で過ごし、夜はネットで検索。
最初にいくつかの
人生相談を使う予定。

最初は人生相談に書かれた詩から始める。

誰が誰に書いたものか
そこから推理して
翻訳をすすめる。

The Time Is Now

If you are ever going to love me,
Love me now, while I can know
The sweet and tender feelings
Which from true affection flow.

Love me now
While I am living,
Do not wait until I'm gone
And then have it chiseled in marble,
Sweet words on ice cold stone.

If you have tender thoughts of me
Please tell me now.

If you wait until I am sleeping
Never to awaken,
There will be death between us
And I won't hear you then.

So, if you love me, even a little bit,
Let me know it while I am living
So I can treasure it.

この詩の人間関係には複雑な心理が絡むんだけど
21歳の彼らはどう解釈するか?
どう受け取るか???
[PR]
by endoms | 2009-07-27 21:51 | 翻訳は楽し

The Ninja

「インドネシアで2週間遊んできたよ」との
次男の電話と入れ替えに
長男から電話。
明日から10日間中国出張という。
なんか、子供たちはアジアなんだな―

仕事に必要な本を出そうとして
書棚から次男が7歳で書いた絵本を発見。
懐かしい!

ちゃんと本に装丁されている。

タイトルは忍者


The Ninja

献辞は兄に
I would like to dedicate this book to my big brother.

文章も絵も幼くて懐かしい。
でも、今の彼は英語が書けないかもしれない?

Ninjas could jump high.

Ninjas are strong.

Ninjas have a lot of weapons.
They have swords.

They could climb up trees.

They could hide at a lot of places.
They have a lot os secrets at their houses.

There are a lot of good ninjas and bad ninjas.
The ggood guy is stronger than the bad guy.

They could kill people. They have stars.
They could kill the bad ninja with their stars.
The stars are strong.
They are sharp.
b0127538_0232570.jpg


The ninjas are cool.

The end.

最後には著者の紹介まで。

Atsushi Endo is seven years old.
He is in Mrs. Fowlers's first grade class.
He liked reading the book, Abiyoyp by Pete Seeger.
Atsushi also likes to play with his brother and to pplay the game Nintendo.

小学1年生で、
赤毛の小柄なファウラー先生が担任だった。
不動産の仕事もしているのよといっていた忙しい彼女が装丁したんだ。

手裏剣はstarなんだ。
[PR]
by endoms | 2009-07-26 00:31 | 家族の時間

タトゥー


プラザの英語通訳ボランティアセミナーで
「タトゥーのある外国人が温泉に行きたいと言った時はどうしますか?」
という質問がでた。
もっともな質問。
対応は難しい。

タトゥーと日本での刺青の文化的背景の違いは大きい。
しかも西洋社会でもタトゥーにはサブカルチャー的な要素もある。
その説明を日本の温泉で、理解してもらうのは難しい。

そんなことを考えながらいたが、
西洋社会のタトゥーについての簡単な説明を
いつも読むアメリカの人生相談で見つけた。

そうなんだ―。
由来から違うんだ。

Jack London once said, "Show me a man with a tattoo and I'll show you a man with an interesting past." These days, it's "Show me a girl with a tattoo and I'll show you a bored teen with saved-up babysitting money." The stats on tats bear out your experience that uninked flesh is getting harder and harder to find. Thirty-six percent of 18 to 25-year-olds and 40 percent of those 26 to 40 have at least one tattoo, according to a 2006 Pew survey. Soon, the only way for a hard-bitten bikerdude to stand out from the carpooling suburban mommies will be to cover up his tats with a Brooks Brothers cardigan, Top-Siders, and a button that says "Kiss me, I'm a Republican."

ジャック・ロンドンは「タトゥー男の過去は退屈ではない。」といった。
今、女性にタトゥーがあったら、「ベビーシッターでためたお金で、とりあえず暇だったからやってみた。」て感じかな。
統計をみると、肌のどこかにタトゥーのない人は減ってるらしい。
2006年のピュー調査では、18歳から25歳の36%、26歳から40歳の40%は少なくとも一つタトゥーをしてる。
まもなく、郊外のカープールのママたちの中で、タトゥーだらけのオートバイ野郎も、目立たなくなる。
ただ、タトゥーをブルックスブラザーズのカーディガンで隠し、
トップサイダーのデッキシューズを履いて、
「共和党員だから、キス・ミー!」ってバッジでもしてたら別だけど。。。


Tattoos have been part of cultures throughout history, but in the 19th century Western world, before there were electronic tattooing machines, it was royalty and the aristocracy who had them, says Vince Hemingson, documentary filmmaker and human tattoocyclopedia. Winston Churchill's mother was said to have a tattoo of a snake around her wrist. And, Hemingson added, after the dinner parties of "the absolute creme of (English) society," the men repaired to the drawing room for brandy and cigars, and it was "quite common" for them to strip down and show off their tats (a scene they never get around to showing on "Masterpiece Theatre").

タトゥーは世界の伝統文化。
電気タトゥー針ができる前、19世紀の西洋社会では、王族や貴族のものだった。
と、ドキュメンタリー映画作家で、人間タトゥー収集家のビンス・へミングトンはいう。

イギリスのチャーチル首相の母は、手首周りに蛇のタトゥーを入れていたそう。
当時、
ディナーパーティーの後は、イギリスの上流社会の男性は、
客間で葉巻とブランディーを楽しんだが、
そんな時、互いのタトゥーを、服を脱いで、見せあうのは普通だったと、
へミングトンは言う。
(時代ものの映画ではそんなシーンはないけど)
[PR]
by endoms | 2009-07-25 11:56 | ガイド日記

『ターミナル』の一場面の翻訳

翻訳の自主課題の提出日。
みんなの力作がそろい感動。
素晴らしい努力とひらめきの作品に出合うと教師冥利に尽きる。

自作の英詩を日本語に翻訳した学生
歌詞に合わせた自分の人生のエッセーを英語と日本語で作成した学生
20ページもの長い童話を翻訳した学生。
みんなすごい!

ある学生の作品は
映画「ターミナル」の一部の翻訳

主人公の行き場のなさが
自分の人生と重なって、
何度も見ました という。
彼女の悩む姿を去年から見てきただけに
本当に胸にせまる

許可をもらい・・
さわりだけ。

TERMINAL

主人公のナボロスキーは祖国にも、ニューヨークにも入国を禁止され、空港に閉じ込められていました。その空港生活も長くなってきたころ、主人公が隣国出身者の見知らぬ男を助けるシーンです。その男は、祖国で待つ病気の父親のために薬を持ち帰ろうとしたところ、米国の保安官に取り押さえられました。その男は暴れていました。どうしても、その薬を持ち帰りたかったのです。そこで、ナボロスキーが通訳として連れてこられました。その後、薬は押収され、男は連行されていきます。米国では、特別な許可なしに、病人のための薬を国外に持ち出すことはできないのです。病人のためには…
************

★ナボロスキー
◎保安官長
✾取り押さえられた男
**************
★Goat…
 やぎ…
 Goat! the medicine is for goat.
やぎだ!その薬はヤギのためだと彼はいったんだ

◎Why? What are you saying?
なんだ?なんて言った?

You misunderstood him? It’s not for his dying father?
勘違いしたのか?死にかけてる父親のためじゃないのか?

★Krakozhia‘s word “ Goat “ sound is similar to his word “gone”.
クラコウジアのヤギと彼の国のヤギの発音はにてるんだ

I made a mistake.
勘違いしたようだよ

◎Why are you doing this, Viktor?
なに考えているんだ?ナボロスキー!

You read the blue immigration form.
入国審査の青いフォームを読んだな…

The one says if it’s an animal, he doesn’t need the license. Then he can bring the drugs in.
薬が動物のためなら許可は必要ない、薬を持ち出すことができるということを読んだな


(ナボロスキーは入国許可申請のために、毎日青いフォームを書き続けていたのです。)


◎That’s good, Viktor. That’s very good.
考えたな…いい考えだ

◎Why are you doing this? Huh?
だが、いったい何のつもりだ。

◎You don’t know him. You don’t know the rule.
おまえとあいつは関係ないじゃないか。こんな規則を持ち出す必要なんてないだろう

★Look at me. I was going to help you.
いいか?なんとかしてやりたいんだ。

◎I want to hear him say it.
俺は、あの男が何て言うか聞きたい

◎I want to hear him say who the medicine is for.
あの男はだれのための薬だといっているんだ?

◎Please, who the medicine if for.
いいか?薬はだれのためだ?

◎Who are the pills for?
だれの薬だ !?

(ナボロスキーが再度通訳しましたが、その男は何も言いませんでした)

◎OK. The pills stay. He goes.
もうおしまいだ!薬は持ち出させない、彼をつれていけ

◎That’s it.
おひらきだ!

・・・

✾Goat.
ヤギ…です

✾Please for goat. Medicine for goat.
ヤギの薬です…やぎを助けてください

★Give him the pills.
どうか薬を…

(その男は覚えたてのようなヘタな発音でGoat と言ったのです)

★He love the goat.
よっぽどヤギが好きらしい。


最後にナボロスキーが保安官に言ったのはこの一言でした。

彼は偽善的な行為で人を助けたりするのではなく、
ごく自然です。
ありのままの彼のキャラクターが周りを救い、幸せにしていました。
彼のキャラクターの良さがもっともでているシーンだと思います。
また、このシーンは簡単な英語だけで複雑な人情が表現されているので、
とても面白いと思いました。
実際に本編を見ていただければ、
簡単なフレーズでも解釈は多様にあるということを感じてもらえるような場面だと思います。

***

心理学専攻4年の彼女は、
自分の道が違うところにあったことに気づき
悩み、卒業後に希望をかなえるべく、大学受験予備校に通い始めた
来年は獣医学科を受験する予定。
勉強がこんなに楽しかったことはない という。
実際TOIECのスコアも本当に驚異的にUp。
[PR]
by endoms | 2009-07-24 20:40 | 翻訳は楽し