んちゃって英語ガイド

endoms.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ウォレスの声

翻訳研究会は
ウォレスの話し方の研究ではじまった。

静かに、たたみこむように
都会的な声のトーン。

ドスの効いた文章や
こぶしをきかせた口調や
泥臭い文体は駄目だねー。
世界から自分を
自分からも自分をつきはなしたdetachmentが読み取れる。

結局

何も足さずに、何も変えない
シンプルなそっけなさで翻訳することに。
しいて言えば、
柴田元幸がポール・オースターを訳する時の文体で
と決めたんだけど・・・

はたして?心もとない。
せめてと、
youtubeで彼が自作を読む声を聞きながら
翻訳。


[PR]
by endoms | 2009-06-30 17:24 | 卒業式のスピーチ

縄文を知るなら Jared Diamond

いつものSteveとの雑談

話題は縄文時代
北海道が縄文遺跡の多い場所と聞いて
思いっきり驚く。

えー1万4千年前の出土品がある?

北海道には歴史がないといわれてんのに
思いっきり古いのが出てくるんだ。
すごいじゃーん。

(と訳したくなる イギリス訛り英語)

弥生文化と縄文文化の違い
大陸人と縄文人
続縄文から擦文文化への移行
縄文談が盛り上がる。
と、
あの本は当然読んだよね?
Guns, Germs, and Steel
Jared Diamondの
えー
 西洋史専攻だろ?
そりゃない
まだ読んでないの?
大大ベストセラーだよ。

文明の発展がよく説明されている本らしい。
彼から借りることにした。
その前にチェック。
national geographicのサイト。
文明の夜明けから先進国と後進国へとなる過程が。
長いけど、見る価値はある。
短く分けた第2話が縄文の時代に相当
パプアニューギニアの生活
中東の文明の芽生え
非常に面白い。






[PR]
by endoms | 2009-06-29 23:41 | ホッカイドーって良いよね!

へその緒

へその緒
unbilical cord

ローラは長女を出産して
退院時に渡されたへその緒を
なにこれ?
いらないと捨てちゃって。

家族の顰蹙を買ったらしい。
だから
2番目の子供のへその緒は あるはず どこかに。
確かに。 きっと。

でも疑問を感じる。
血縁がこれほど重んじられる日本社会
中世の封建社会じゃないんでしょ!
古代の遺物としか思えない戸籍制度 
養子縁組の少なさ
2世政治家の氾濫


その象徴が
へその緒のような気がする

血は水よりも濃い?
それが
個人を重んじる社会の出現には妨げになっているんじゃ?

ブラジルには戸籍もなくて
へその緒を取っておく習慣もなくて
血縁のない養子縁組はふつうで

あまりの違いに最初、戸惑った 
という。
[PR]
by endoms | 2009-06-29 17:31 | 異邦人の見た世界

ピリオドが嫌い?

火曜日朝9時からの翻訳研究会に間にあわせよう。
エンジンがかかって
ウォレスを特急で訳し終えた。
読み返すのが怖い。ひどい出来かも・・・

でも、寓話は楽しく、訳すのも楽で
いろいろ考える種をくれる。
さっと訳せるのは寓話の部分だけ。
あとはピリオドまでが長い長い。
全部が寓話みたいな短く簡単な英語ならいいのにな―。

寓話その2

Here's another didactic little story.
There are these two guys sitting together in a bar in the remote Alaskan wilderness. One of the guys is religious, the other is an atheist, and the two are arguing about the existence of God with that special intensity that comes after about the fourth beer.
And the atheist says:
"Look, it's not like I don't have actual reasons for not believing in God.

もう一つ、教訓めいた話をします。
アラスカの荒野のバーに2人の男がいます。
一人は信心深く、もう一人は無神論者です。
二人は神が実在するかしないかを議論していて、
4杯めのビールの後には論争に熱がこもってきました。
無神論者は、
「いや、神様がいないと思う理由がないわけじゃないんだ。」といいます。

It's not like I haven't ever experimented with the whole God and prayer thing.
Just last month I got caught away from the camp in that terrible blizzard, and I was totally lost and I couldn't see a thing, and it was fifty below, and so I tried it:
I fell to my knees in the snow and cried out 'Oh, God, if there is a God, I'm lost in this blizzard, and I'm gonna die if you don't help me.'"
And now, in the bar, the religious guy looks at the atheist all puzzled.
"Well then you must believe now," he says, "After all, here you are, alive."
The atheist just rolls his eyes.
"No, man, all that was a couple Eskimos happened to come wandering by and showed me the way back to camp."

無神論者の男はこう続けます。
「これまで一度も、宗教や祈りをやってみなかったわけじゃないんだ。
ついこの間、先月だけど、基地から遠く離れたところで、あのひどい吹雪にあった。
まったく方向はわからない、
何も見えない、
マイナス50度だ、
だから祈ってみた。
雪の中で膝まずいて
「神様。もし神様がいるのなら、助けてください。吹雪で身動きとれません。
助けてくれなければ死んでしまいます、と」。

バーで、
信心深い男はその言葉を聞いて怪訝そうに相手を見て、
「でも、お前さんはここにいるじゃないか。助かって」といいます。
無神論者は目を丸くして
「いやいや、
エスキモーがたまたま通りかかって基地への帰り道を教えてくれだけだ。」
といいました。


この話は面白い。
世界をどう見るか。
どう出来事を解釈するかが
人間の本質にかかわるとウォレスが続けて説明する
でもでも
もう少し、ピリオドを活用してよっ!
ってリクエストしたくなる長い長い文が続いていく。
こんな感じ・・・・
It's a matter of my choosing to do the work of somehow altering or getting free of my natural, hard-wired default setting which is to be deeply and literally self-centered and to see and interpret everything through this lens of self.
[PR]
by endoms | 2009-06-28 00:04 | 卒業式のスピーチ

ジンギスカンはシュークリームで

土曜日のボランティアガイド講座

午前中は
NHKカルチャーセンター新さっぽろ

ジンギスカンの話
いろいろな表現
日本人の長寿の訳
などなど

ワイワイと話し
クラスランチ

生徒さんとゆっくりランチしたくて
2つのクラスを一つに減らした甲斐がある。

みんなの旅行の思い出

20代の彼女。
一人でドレスデンから日帰りでチェコへ
帰路どこかわからない場所で列車が止まり、立ち往生。
そして、
現地通貨がない、夜になる、言葉がわからないの3大ピンチ
そんな中でも、なんとかチェコに戻り
宿泊先も真夜中にたどり着き
怖い思いはいっぱいしながら
ちゃんと無事に帰国した

5年前に市民交流団でポートランド訪問して
普通の旅行ではできない貴重な経験
以来、
ノボシビルスク、瀋陽にも行き
今年もポートランドへ行ってきた なんてラッキーな人

エディンバラで 宿泊予約3泊を2泊と
B&Bがミス
最後の日は宿泊できない
しょうがなく3人で治安の悪そうな地域の部屋へ
重い荷物を
ラセン階段で運んだ
ひどい経験
それを泣き寝入りせず
帰国後にメールで交渉して部分返金させた話
なんてかっこいい!

専業主婦から40歳で図書館司書の資格を取って就職
正社員になり図書館で定年まで勤務
そして、今は童話の読み聞かせをしながら英語の勉強
あこがれる人生の送りかた。

英語を勉強してるからって誘われ
塾で教え始め
ものの言いかたを知らなかったり、
落ちこぼれや、できない子供に心を開かせる才能が開花した人
もとからあった才能に光があたった。
これもすごい。

ガイドを実際に何度か経験していて
今年はガイド試験合格にあと少し。
はつらつとした
ガイドになるべく生まれたような人

話が尽きるはずがない。
話に忙しく 
デザート食べ忘れてた!
急いで車を飛ばしたのに
駐車場に苦労して
授業の5分前に道新文化センター着

でもラッキー!
生徒さんが作った手作りのシュークリーム!
しかもなんとイチゴ入り。
美味しい!
クラスがなごむ。

今日の授業はジンギスカン 

ジンギスカンはシュークリームで始まった。
でも、しばらく食べていないねー ジンギスカン

ジンギスカンよりシュークリームが好い!
私はうれしく自宅にもらって帰る。

b0127538_20421949.jpg


いただきまーす。


今日の大通り公園は
花フェスタが始まりトウキビ屋台も出て
夏。

b0127538_20424848.jpg

b0127538_20301251.jpg
[#IMAGE|b0127538_20305219.jpg|200906/27/38/|mid|640|480
b0127538_20404890.jpg


次回はNHKは北海道の歴史
道新は小樽の旅

道新の7月からの生徒さんはたぶん6-7人になる。
でもその分、ゆっくり一人と話ができる。
道新クラスは9月で終了。
あと少し、できるだけ楽しく充実して!
[PR]
by endoms | 2009-06-27 20:32 | ガイド日記

ジンギスカン


ジンギスカン

あすの
ボランティア通訳ガイド講座テーマはジンギスカン

準備はばっちり!
昨日は美しが丘のカネヒロでジンギスカンを食べてきたし!

道産子ソングのジンギスカン。

このノリで行こう!


[PR]
by endoms | 2009-06-26 21:42 | ホッカイドーって良いよね!

5月病は突然らしい

遅ればせな5月病

6月は大学の中間試験の時期
どうもこの時期に5月病が始まるらしい。

放課後学生が会いに来た。
優れた感性と語彙のある優秀な翻訳をする学生だ。
私のどうしようもないジョークに素早く合いの手を入れてくれる
にぎやかで読書好き。

そういえば2回も欠席が続いている。

いなくてさびしいよー
というと、クラスには出たいけど

もう2週間以上学校に来てない
家から出られない状態だった
理由は本人にもわからないという。

わがままで
だらしなくて
なまけもので
どうしようもないです。

ある朝、突然そんな状態が来てしまったらしい。
コントロールできないままずるずる休んでいたという。

表面に出せない自分がたまって内部爆発を起こした。

もうすこし爆発の炎症が治まるには時間が必要。
でも、すごいねー
自分で講義担当の先生に会いに来るのは勇気のあることだねー。
なかなかできないことだ。

真っ暗なトンネルから出ようとしてるけど、
引っ張りだせるもんではない
ちょっと手を貸して、
這ってでも出てくるのをまつ。
[PR]
by endoms | 2009-06-26 20:06 | 学ぶ人たち

イギリスらしい!スポーツ?


イギリス大学院留学を控えた友人は
アメリカの大学院時代には
「フットボールの強豪チームの応援に燃えた!」
イギリスは何もない・・・

あっ ある!

絶対見たいと思ってた
イギリスらしいスポーツ。

過酷な 
でも
牧歌的な
すごいけが人が出るんだよ。

そのスポーツは
チーズ転がし という らしい。
すごい急な坂なんだよ。
優勝者はチーズがもらえる。

そんだけ!


絶対好みだよ。
というのでyoutubeを検索

Cheese Rolling




ばかばかしい。
ばっかばかしい。

でも
つい何度でも見て
何度でも笑ってしまう。

なぜこの衣装?
人間転がし?

最後、
担架に拍手 がいいなー

いやー
これは実際に見てみたい。


イギリス人好みだよなー。
[PR]
by endoms | 2009-06-25 23:10 | 異邦人の見た世界

そりゃ ないわ!

7月15日に札幌国際プラザ登録ボランティア対象の研修。

準備のために
研修幹事さん5名とあって
会場の下見
机や椅子の配置
を終え、『『小麦の家』でパスタランチ。

大きなテーブルに書類を広げて
当日の内容
配布プリント
進行
の打ち合わせ

一つの行事の実施にはこんなにたくさんの人の
力が必要なんだよね。

わいわいと楽しくおしゃべりしながら
的確に当日の予定が決まっていく。
なんだか、とても安心で
もう半分終わったような気が。。。
油断大敵?

みんながいるから何とかなる。

でもでも
当日 驚くことがあるかもしれない!

最近知り合いに起きた「そりゃ ないわ!」事件を思い出す。

1)そりゃ ないわ

イギリスの大学院の試験を受けた友人。
IELTSも合格点
書類審査も通った

最終試験は国際電話で英語でのインタビュー。
sociopoliticalな質問をするとのこと。
さんざん考え準備した。
北朝鮮?地球温暖化?日本の時事問題?
どんなテーマか皆目見当もつかない・・・

当日
早口の質問は「EU加盟国の動静と将来の展望」
そんなことは予想していなかった。
知ってるわけがない。
結局、知らないといい
不合格を覚悟。

でも結果は合格。
じゃー 
あの質問の意図は何だったんだろう?

アジア人がEUのことを聞かれて 即答できると思うなんて
「そりゃ ないわ~」

でも、イギリスの大学院入学希望で、
EUを調べないのは「そりゃないわ~」といわれる?

文化圏が違うんだなー。


2)そりゃ ないわ~

友人の娘がこの春、
某米国航空のCAになった。
初フライトはシカゴから成田。

いろいろ文句を言う面倒な日本人の男性客。
感じ悪く
機嫌悪い顔でぶすっとしてる。

機嫌を直してもらおうと
「おそばはいかがですか?」
「あー良いね、ちょうだい」
おそばを持っていくと笑顔

機嫌が治ったかな~・・

ほっとしていると
またコール。
怒りのコール!

おそばに付いた「そばつゆ」の入れ物に入っていたのは
なんと「生醤油」!

調理?したアメリカ人には違いがわからない?
でも
日本人は怒るよね~。

「そりゃ ないわー」
[PR]
by endoms | 2009-06-24 20:42 | 異邦人の見た世界

単行本から削除された一文 

ウォレスのスピーチ 

卒業式のスピーチの翻訳は最初の3分の1が難しい。
その人の息遣いが分かるような文章を心がけても
なかなかうまくいかない。
来週までに終える予定のウォレスのスピーチ。
難しすぎて、私の手に負えない。
何度も読み返し ため息

中盤で
頭脳についてかたる。

物事を遂行するためには優秀でも
頭脳は人間のマスターとしては不適格という。

そのあとで、

This,
like many clichés,
so lame and unexciting on the surface,
actually expresses a great and terrible truth.
It is not the least bit coincidental
that adults who commit suicide with firearms
almost always shoot themselves in:
the head.
They shoot the terrible master.
And the truth is that
most of these suicides are actually dead
long before they pull the trigger.

試訳)

慣用句はどれもそうでしょうが、
この表現は一見ぱっとしないし、
すごいとは思わせないのですが、
実は、人を震撼させるような真実を物語るのです。
ピストル自殺をする人が、銃弾を撃ち込む場所は、たいていは頭。
偶然そうなるわけではないのです。

自分の人生をダメにした頭脳、マスターを撃つのです。
ですが、
自殺する人間は、
自分に引き金を引く
その
ずーっと前から、
実は死んでいるのです。

***
この場所は問題になったらしい。

ウォレスのこのスピーチは
144ページの単行本として発売されている。
1ページに1文というレイアウト。
それだけ、
彼の文章は大切に扱われている。

それなのに

ここの自殺の部分は単行本から削除。

長年うつ病を患った
ウォレスは
2008年に46歳で縊死していた。
あまりにも生々しいと判断したのか?
全体のメッセージを弱めると判断したのか?

彼も長い間
生きている肉体の中で死んでいる自分を意識していたのか。
この言葉は自身の実感なのか?

編集者の意図が知りたくて
でも手持ちの本にはしたくなくて
図書館に単行本の購入希望を出した。
[PR]
by endoms | 2009-06-23 16:50 | 卒業式のスピーチ