んちゃって英語ガイド

endoms.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 39 )   > この月の画像一覧

大晦日は

これまで毎年
親戚家族がたくさん集まる忙しい日だったのに
今年は
いろいろな事情で家族だけで静かに過ごすことに。

午前中にお正月の用意を終えて
お昼は
年越しそば。

結婚以来の伝統を破って
チラシ寿司もうま煮も作らずだ。
午後は仕事。
論文の手直しに苦戦中。

夕方に
おつまみを用意して
小樽ワインのナイアガラで乾杯。

b0127538_218483.jpg


こんなに簡単に、あっさり
お正月は来るんだ!

年末にまた
世界の各地で戦闘や紛争が起きているとのニュースが入ってくる。
日本にいると紛争は遠い場所での出来事だが
ロンドンで出会ったある人には最近の身近な体験であり
アメリカの知人も子供達をイラクやアフガニスタンに送り出している。
みんなの家族が無事でありますように!

世界史では平和が長く続いた時代はめずらしい。
平和はぎりぎりの交渉で、どうにか短い間保たれる。
しかし、力の均衡はすぐに破れる。

戦い争う時代が、
人間社会ではむしろ当たり前であると
歴史観の授業でならったことがあった。

Attonement
Grace is gone
戦争の悲惨さを伝えるこの2本の映画を見たばかり。

新年は国家間や民族間の争いが広がらないように。
少しでも、
地球上に平和な場所が広がりますように。
[PR]
by endoms | 2008-12-31 21:18 | 家族の時間

sleep on it

札大図書館から依頼された自著紹介の原稿を見直す。

だいぶ前にさらさらと書いて「完成!」と思っていたが
締め切りが1月20日なので、
せっかちに送信せず、
待てよと
しばらく
sleep on it していた。

良かった!
何を書いてるんだか?
自分の思いだけが先走った文章
読み返して冷や汗。

午前中に草稿を書いたと同じ時間で書き直す。
今度は
どうしようか?
また寝かせる?
もういい。
エイッ!と送信。
やりかけの物の数を減らしたい。

アメリカの卒業式のスピーチに関する紀要論文も
「日本の英語教育とアメリカ」に関する公開講座の原稿校正締め切りもあと2週間。
かなりな書き直しが必要。

どちらもいったん書き上げて、sleep on it する時間が必要。

久しぶりに子供達が誰も来ない
さびしいながら静かなお正月。

ごろごろするための本はたくさん買ったし、
夫は馬鹿でかいテレビを買ってきて、DVDを借りまくって
「面白いよー!」と誘う。

でもでも、
あちゃー
1月5日の翻訳研究会までには、
論文草稿を完成する約束。
”1週間づけ”で髪の毛を逆立てて
論文を仕上げる時期になってしまった!
[PR]
by endoms | 2008-12-30 10:55 | 英語 勉強する?

1週間漬け 

東洋史を専攻して
就職して
結婚して
札幌に住むことになり
大学院で学び税理士免許を取り
アメリカに1年住んで
税理士事務所を開業した。
そんな友人がいる。

さわさわと料理上手で
音楽と演劇に詳しく
おしゃれ。

数字に強く
記憶力がよい。
相談ごとにも
図解で問題点を端的に指摘する。

スーパーウーマンの彼女
唯一つの弱点?は
せっかちなのに、ぎりぎりまで仕事に取り掛からない。

原稿締め切り、
研究発表にいつも追われている。

わかっちゃいるんだけどね。
さすがに一夜漬けは出来ないから
資料だけ用意して
ぼんやり考えて
ぎりぎりまで待つ。
本腰が入るのは1週間前。

髪の毛を逆立てながら自分を追い込んで
まとまったものにする。

横で見ている夫が一人はらはらするそうだ。
年末もそうやって研究発表を乗り越えた。
成果は来春、出版される。

彼女と私の共通点はこの1週間漬け。
夫のはらはらも同じかも。

来年も新年会は彼女の手料理で。
[PR]
by endoms | 2008-12-29 18:46 | それぞれな女たち

accidentally famous な一日

日曜日の朝。
水中ストレッチのレッスン。

日本で、ううん
世界で一番!素晴らしい市川コーチの
レッスンは何があっても欠かせない。

彼女を見ているだけで元気になる。
身体も心もゆったりストレッチさせてくれる。

レッスンが始まったとたん
コーチが大きな声で
今朝の道新読んだ人ーー?

プールの中でたくさん手が挙がる。

遠藤さんが出てましたねえ。
悪い事したわけではないんですよー。
ふ ふ ふ
その記事見た人お?

また手が挙がる。
それって誰って言いたげな視線も。

わーなんだなんだ。
この不意打ちは!

一瞬 50数名の注目の的に。
とても苦手な状況。

「みつからないようにプールの底でしばらく 息とめてよか?」
隣でTさんが
「そんなことしたらかえって目立つでしょ!」
なるほど。

「どうせ、みんなすぐに注目しなくなるよ。大丈夫。」

Tさんのアルト声の予言にもかかわらず

その後のサウナでもジムでも
”新聞記事の遠藤さん”で知らない人からずいぶん声をかけられた一日。
ガイドのテキストを出版したこと。
ガイドのクラスを開講することが記事の内容で
大きなカラー写真つきだった。
24日に取材されてたけど
いつ掲載されるか知らなかったので、
夫も私も今朝、ホントにびっくりした。

友人たちからも”見ました”メールが送られてくる。

一瞬、有名人になった不思議な1日。
[PR]
by endoms | 2008-12-28 21:26 | それぞれな女たち

いつも壁を築く自分がいる アン・タイラーの主人公達

冬の休暇は読書で始まる。

読みかけたまま
忙しさで途中になっていたフィクションを取り上げる時のうれしさ。

仕事に役立つ訳でもない
論文のためでもない
ただ浸りきるために読む。

The Amature Marriage  by  Ann Tyler

Ann Tylerの本の主人公達はいつも寂しい。
アマチュア マリッジは
真珠湾攻撃の時代からはじめる。
遇然の出会い、短い交際期間を経手結婚したポーランド系とイギリス系の男女。
宗教も伝統も考えも全く異なることに気がつく。

離婚できる状況ではなく3人の子供を育てる。
いつも互いへの違和感
結婚期間が長くても
いつも自分達の結婚ハアマチュア同士の結婚で何かかけている

高校生で家出し、行方不明のクスリづけの長女。
その放棄した子供を育てることになる。

結婚30周年の祝いの日。
些細な喧嘩で別居そして離婚。

数年後に夫は再婚。
長男は結婚し
次女は弁護士に
長女は行方不明のまま

母親は離婚後独身のまま
自動車事故で死亡

長女は行方不明になって30年後に姿を現す。

久しぶりに再会した家族は
ぎこちなくも互いの絆を築こうとする。

夫の心にはこの間ずっと
寂寥感
他人を愛せない意識
人との距離感
自分が人に対して築く壁

その心の動きが淡々と描かれる。

人種や
食べ物
職業
社会背景などで読んでいくと
1940年代から2000年までのアメリカ
バルティモアの普通の家族に起こった普通の出来事から

アメリカ社会の変遷が読み取れる。

舘野泉の音楽と共鳴しあう本。
[PR]
by endoms | 2008-12-27 22:28 | ブックレビュー

ジュンク堂書店 洋書70%off!

昨日と一転して猛吹雪。

早朝、1時間がかりで夫が除雪したらしい。
終わった頃を見計らって?
起きる私。
夫がきれい好きなのをいいことに除雪は
おんぶ に だっこ。

Ann TylerのAmature Marriage
今日読み終る所
その主人公マイケルとポーリーンと
自分たち夫婦がダブって見える。
30年以上の結婚で
夫の側に静かな不満がくすぶっていた。。。
結局、本の二人は離婚。

いかんいかん。
明日は早起きして除雪しよう!

夫を送って地下鉄まで
猛吹雪で先が見えない。
街まで車で行くのは無理。
バスで出かけ旅行経費精算がおわる。

これで一つの仕事がすべて終わった。

ふー。
そっか、ジュンク堂に行ってみるか。

日曜日、バスの中でシンガポールのお客さんに話していた。
「ここは開店したばかりの大型書店。洋書が70%オフ!
私はまだ行ってないけど、いいらしい。行ったら教えてね!」

次に会った時、ニコニコ顔で
「1冊400円ぐらいで買えたア!10冊も買っちゃった。」
11歳の子は、「昨日買ったアガサクリスティー、読み終る。」という。
なぬ?読むの速っ!

お正月用の本を買おう!
うーんとくだらないミステリーや大好きなAnn Tylerの小説。
ごろごろ読もう。
b0127538_16513966.jpg

6冊で2千円ちょっと。
70%OFFは素晴らしい!
[PR]
by endoms | 2008-12-26 16:49 | 知っとく?情報

ハイデルバーグ大学院の閉校式準備

ハイデルバーグ大学院閉校式が1月に。
Fotos先生の
多分辛口?トーク「日本における英語教育への遺言」に加えて

発起人は

ダンス披露  ステキなのです!
記念品作成  赤と黒のスクールカラーでデザイン。
写真パネル作成 14年間の写真が一同に!
花束      教授陣に
司会      高校の先生達は仕切りが上手い!
オークション アメリカの教科書・研究書・論文などなど
会計      優秀な初期の卒業生が担当
雑事取りまとめ これ私

などの仕事を分担。

それに
すごいことが起こりそう!
新聞記事になるかもしれない!
アメリカのハイデルバーグ大学院日本校が札幌に14年間も存在したこと
社会人が英語でアメリカの教育を受けられるチャンスであったこと。
日本人と外国人がいっしょに学んだこと。
そこから100名以上の修了生が出て各界で活躍していること

十分、ニュース性はある!
なったら、
閉校式にふさわしい締めくくりになる!

ワクワクしながら
2回の会合に参加し
メールでの連絡を頻繁に取り合う。

120名以上の修了生のうち外国人は日本にいない場合も多い。
住所が確認できた80名へ葉書を出したうち
なんと50名近い出席者!
釧路、函館、北見からもやってくる。

そんな事を
ツアーガイドの仕事の合間にやっていた。
バタバタして気がつかない間に
髪がのびたア。

平家の落ち武者のようなばっさばさ
敦盛の怨念のようなハラハラ髪。
忙しいと
つい髪の毛をなおざりにする。

昨日の道新のインタビューの前にと思っても時間が取れず
今回は写真撮られないかも?
との淡い期待も裏切られ。
落人姿の写真撮影。
ガシャーン。
うらめしや・・・・

今日やっと、
いつものスガノ美容室に。

疲れてますね。
頭皮の汚れがいつもよりひどい。
髪の先まで疲れが見えるという。

身体に正直に疲れが出るから無理はしないほうがいい。
心配して言葉をかけて貰うだけではらはら心が楽になる。
確かに。
わかっちゃいるんだけど。
無理したい。

どこかでガツンと痛い目にあわなきゃ気がつかないんだろうか?
[PR]
by endoms | 2008-12-25 15:58 | 知っとく?情報

もっと頑張れるよう 先にごほうび

一生懸命仕事をしたごほうびを
自分にあげる。

むかし、初めて仕事したEC英会話。
月に4時間教えて8千円。
銀行振り込みの紙片を手に
自分にブルー ダニューブのデザートプレートと
家族にケーキを買って使いきった。
すっきりー。

その後も仕事をするたびに
ブルーダニューブの食器を買い足していった。

セトヤが狸小路のそばに引っ越してからも通っていた。
スプーンやフォークもブルーダニューブがいい。
ブルーオニオンもブラザーズ&ブラザーズも好きだけど
ブルーダニューブの色と透明感にかなわない

ECを辞めてからその習慣をなくしていた。

ガイドの仕事では何も自分に買ったことがない。
ガイドの仕事をアマチュアな気分でやり過ごしていた。
楽しいだけの、辛くない仕事だった。
英語でいろんな人と話すのは英会話練習にもなるというノリだった。
でも、
もっとプロとして上達したいと願い
ちゃんとした仕事をしたいと長い
無理を承知で頑張って
自分の駄目さによく気がついて頑張る意欲が湧いてきた。
頑張る気持ちを育てたい!

チャンスは小樽で。
自由時間に暖を取るために入った北一硝子。
滴のようなパールカラーの
ピアスとネックレスが目に入る。
これください。
一瞬で決まる。
そうだ、初めて自分の収入を手にしたEC時代のように
形のあるご褒美を自分に贈ろう。

でも
それっきり足の痛みや
翻訳研究会、新聞社のインタビューなどが続き
バッグの中に入ったたままだった。

今日、旅行社に出す清算書を取り出すとき
北一硝子の袋が、
飛び出してくる。
こんなものを買っていたんだ。
取り出してしみじみながめる。

なんかうれしい。
仕事が終わった安堵感が形になっている。
[PR]
by endoms | 2008-12-24 18:33 | ガイド日記

最終日 千歳でさようなら!

ルスツからから足の指が化膿してた。
小樽を歩いての案内はきつく
昨日は
研究室から授業の6号館までが永遠。

英語検定のクラスと英語ガイドのクラス。
これでいよいよ今年最後の授業。
2年生とはもうすぐお別れでさびしい。
ガイドのクラスは最終発表ペーパー提出日。
休講には出来ない。

足の痛みで立って授業が出来ない。

熱を持つ指先。
痛さに (指切断?まさか?)
午後、部分麻酔で簡単な手術を受けた。
こりゃドロドロに化膿しているよ。
しばらく温泉・プールとんでもない!らしい。
しょうがない。
抗生物質も痛み止めも飲む。

ガバガバ包帯の足。
でも痛みがないだけでもありがたい。

そして最終日の
今日は短時間バスで千歳に行くだけ。

グランドホテルを出て
日本のクリスマス
除雪の話。
お正月の話。

高速に入る少し前で
北海道地図を配る。

北海道のほかの観光地を話す。

魚市場が見られるのは?
どっかでダイビングできる?
スキーは他にどこがいい?

質問してくれると楽に答えられる。
笑いも取れるようになってきた。

日本の祝日や伝統行事を
話しているうちに空港到着。
チェックインで業務修了。

今回の仕事の反省点。

ずばり すべて!

ベテランガイドさんと比べるとまだまだ未熟。
もうしわけなーい。と思い、
ニコニコありがとうといってくれるお客さまに感謝。
貰ったチップに心が痛む。

今日からまた、勉強しよう!
[PR]
by endoms | 2008-12-23 13:24 | ガイド日記

ぶらぶら町を歩くのもガイドの修業

最終日22日の夜に
このツアーの打ち上げとして
シンガポールの旅行会社主催で
グランドホテルでクリスマスパーティーをするという。

お客は任意参加で
ガイドも任意参加という。

どっちでもいい?
それなら!と
真っ先に不参加と決めた私。
それに対して
当然のように参加と決めたベテラン達。

ここに
ホントのプロと新人プロの差が現れる?

本当なら参加すべき?
先輩達のやり方を見習う?

まあいいや。
迷ったのは10秒。

ちょっと興味はあったけど。
そこまではしないと自分で線引きしていた。

お客さんは今日は買い物日。
昨日
場所を聴かれていろいろ教えたけど
ちゃんとお目当てのものは手に入ったかしら?

セラミック製のぺティナイフ
軽量折り畳み傘
EVISUのジーンズ
モデルプレイン
HABA化粧品はどこで買える?

えっ そんなのどこに売っているの?
グルグルする。
そういものでも、
ベテランガイドはたくさん引き出しを持っていて

アッそれはヨドバシカメラの3Fに小さいコーナーがあります。
そのメーカーは札幌では買えませんねー
それなら大丸で手に入りますよ。
ロフトに売ってます。

私が答えに詰まっていることでも即座に答えている。
ガイドの当たりハズレがあるよね。
ごめんね。

そうか!
買い物に興味がないなんていってられない。
ぶらぶら街歩きもガイドの研修のうち!
どこに行ったら何が買えるか
そんな情報も大切。

でも、見るだけじゃなく、つい買い物?
[PR]
by endoms | 2008-12-22 22:14 | ガイド日記