んちゃって英語ガイド

endoms.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:私の好きな温泉( 8 )

五色温泉 カラマツの湯 復活!

ニセコへ
五色温泉の近況をチェックする

b0127538_17225639.jpg


五色温泉に前回行ったときには完成間近だった
カラマツの湯が5月にオープンしていた!
b0127538_17231693.jpg



なんと立派になったこと。
カラマツだった床は高級感あふれる大理石の床に変わり

夫に不評。
もっと素朴でいいのに・・・
確かに秘湯の感じは失われたかも、

それに設計は山小屋風でおしゃれだけど
雪の期間 大丈夫か?

でも、
1年以上も待ってたので
私は文句なしにうれしい!
それにこんなに山のてっぺん
霧を
下界に眺めてやっぱり秘湯。

五色の源泉は豊富で建物の周囲にわきだしている
源泉を示す標識

b0127538_17234255.jpg

イワオヌプリの昇り口、ニセコお花畑側にも
源泉の湯が

b0127538_17235968.jpg



薄い乳青色のここのお湯は
やっぱり一番だ。
[PR]
by endoms | 2009-08-02 17:31 | 私の好きな温泉

五色温泉 カラマツの湯 取り壊し


京極で水を汲んで
ふきだし荘の窓から
涼しげな湧水公園を眺めながら
b0127538_2135826.jpg

おばあちゃん独特の絶品タレのジンギスカンをいただいて。
ごちそうさま

さて温泉へ。

二セコは
やっぱり五色温泉カラマツの湯!
我が家の定番。

前に来たときから
2ヶ月も経ってしまったねー。

雲の間から陽がさし空が見える。
青空を背景に
ニセコの山の輪郭が現れ
すぐに雲に消えるのを楽しみながら山道ドライブ。
五色トンネルを越えると硫黄の強いにおい。
五色温泉に着いた。

オッドロキ!
カラマツの湯が新築工事予定で取り壊されてしまっている。
b0127538_2145428.jpg

カラマツの湯の木造部分がまったくない!
写真では左手にあるはずの場所。
空だ!
わーショック。

五色の新しい立派な部分は夫も好きじゃない。
ニセコ山の家? 
それとも
今まで敬遠してた
五色別館にしてみる?

大当たり
五色別館。

PHが2.36とのことで、PH3.6ぐらいの本館よりも
お湯の効能が高いと受け付けの人の説明。
薄めたら飲用になるという生まれたての味の濃いお湯は本館と同じく不透明な水色。
入るとすぐに皮膚がしわくちゃになるのも同じ。
b0127538_2154385.jpg

外見より中はすっきり快適。
絨毯敷きの床も清潔。

内風呂と露天風呂は石造り。
小さいながら落ち着く配置。
しかもとてもすいてる。

素泊まりは1泊3800円という。
うーん。
夏休みに、本を10冊ぐらい抱えてこもったら良いかも。
夕食はもちろん広州屋台で!
[PR]
by endoms | 2008-07-27 20:59 | 私の好きな温泉

奥さん どこが悪いの?

長万部の二股ラジウム温泉は
不思議な魅力のある温泉。

最初に行ったのは約15年前。
名物おばあちゃんが太い声でお客さんと話をしていた。

混浴ですかア?
と恐る恐る聞くと。
いや、女風呂もある
でもうちは湯治場だから
男女 気にしないではいんなさい。
調子が良くなるから。
奥さんどこ悪いの?

その後、東京の会社が購入し施設を改築し、
温泉も大きく変わった。

真新しい木の浴槽へ、
湯花が厚く付着した頃
違和感も薄れまた通い出した。
b0127538_21395248.jpg


入浴客同士の挨拶は
昔と変わらない。

奥さんどこ悪いの?

どこも悪くないと言うたびに、申しわけない気がする。

腰が 肩が ストレスが
と、自分の悪いところを総動員する。
しかし、かなわない。

乳がん手術 胃がん 膠原病 関節リュウマチ。。。

ラジウム温泉というが、
ラジウムは入っていないという。
強い塩分。刺激が強い。
冷たい炭酸水を洗い場のホースからボトルに入れ
浴槽で飲み飲みはいる。
温泉も飲用可能だが、海水のような塩分。

少し緑がかったにごり湯。
黄土色の土の成分が混じっていてタオルは黄茶色に。
b0127538_21392337.jpg

内湯は浅い湯船の温度は37度、
120センチの深さの湯船は40-41度ぐらい。
露天風呂も同じぐらい。

身体に湯花がしみこむ。
湯治客は3日で身体に湯花がつき、
皮膚の表面に悪い部分が現れるという。
確かに、赤や黒いぶつぶつが出ている人が目立つ。
こうやって、
悪さが表面に出ると直るんだよ。
痒いし、痛いけど。皮もむけるけど。
そういいながら、みんな大きく笑う。

それで治るのかな? 

携帯の電波もない山奥で、
新緑を目に 
鶯の声を耳に
入浴していたら
たいていの病気は治るかも。

私は二股に行くと心が軽くなる。
[PR]
by endoms | 2008-05-11 21:41 | 私の好きな温泉

温泉から眺める 支笏湖

支笏湖の丸駒温泉までは家から車で約3ー40分。

支笏湖や、風到死岳を眺めながら入る温泉は格別。
数年前まで、水上バイクで歓声をあげながら露天風呂を覗きに来る
不埒もん!
がいたけどこのごろそれもないから安心して入れる。

丸駒温泉の受け付けで必ずする質問がある。

天然露天風呂の水位は?
おじさんはその質問をいつでも予想していて
にっこり笑ってその日の水位を教えてくれる。

連休頃までは 大人のひざぐらいの水位。
それから
だんだん融雪が進んで、地下水量が増え、
湖の水位が上がると温泉の水位も上がり、
秋ごろには肩ぐらいの深さになる。

一年の自然の移り変わりを水位で感じる。

数年前に近代的に改築された
内風呂でしっかりあったまってから、
木の床の渡り廊下をしばらく足早に歩いて
岩で囲んだ露天風呂に到着。
ここが丸駒温泉では一番のお勧め。

昔はこの岩がもっと低くて湖との一体感がもっとあったんだけどね。
合い風呂の年配者が言う。
私も同感だ。湖お湯の中に座っていても見えましたよね。
ゆっくり足を伸ばしてはいる。

足先の石の間から温泉が湧き出たのだろう。
気泡が立ち上る。

「ぶくぶくは温泉の赤ちゃん」

子供をつれた母親が3歳ぐらいの子に説明している。

温泉の赤ちゃんを見守るかのように
頭上の岩の横から 
つぼみをつけたさくらが枝を伸ばしていた。
春早い4月の中ごろ。
[PR]
by endoms | 2008-04-27 10:12 | 私の好きな温泉

やっぱ 五色は良い

五色温泉はいい。

冬期間 パイプが凍って?湯量が足りないことも
時々 籠の下にわたぼこりがあっても

あんなに広いんだし
こんなに天国に近い高地なんだから許せる。

二セコの山をあがってきて、
雪秩父を過ぎる頃から植生が変わってくる。
高い木も太い木も見当たらなくなる。
地に這うように植物が伸びるのか
木々の樹高は低く、枝は カクカク 横に折れ曲がるように伸びる。

イワオヌプリの登り口に硫黄の湯が自噴していてその横が五色温泉。
熱く湯量は豊富。
五色というけどたいていは白濁した水色の湯だ。

建物の奥のカラマツの湯は比較的古い木造の温泉、
手前にはモダンなコンクリートの温泉がある。
すっきりしたデザインで広くきれいだけどね。
かなり昔一度入ったきり。

風情のある
カラマツの湯が絶対!にベター。

酸度が高いのか、
長く入ると皮膚がしわしわになる。
硫黄臭も濃度も雪秩父ほど濃すぎないし、
湯色はニュージーランドのロトルア温泉のように濃すぎず 
ちょうど良い水色。

木の床と浴槽
新築のころはどうってことなかったけど
ちょうど異具合に古びてきた。
隙間風の入り込む壁や天井
それもちょうどいい。

贅沢なお湯とちょうど良い施設。
すてき過ぎないのがいい。

一番のおまけは
知らない人同士が話を始めることが多い事。
山の上ま来る人同士の連帯感?
開放感?
適度な距離感?
[PR]
by endoms | 2008-04-19 23:15 | 私の好きな温泉

臼別 の 野天風呂

一番好きな温泉はときかれたら

躊躇せずに臼別と答える。

それに
島牧のモッタ海岸温泉、
天人閣、湯駒荘、トムラウシの東大雪、陵雲閣、二股、丸駒、フゴッペ、 

それからーーーと続くかもしれないけど。


臼別の町営温泉は掃除代100円の小さな野天風呂。
脱衣所と2-3人の洗い場、浴槽が一つ 
男女の湯は壁で途中まで区切られているだけ。

温泉は巨石をつたって流れ込む。
ラジウム泉
うすいうぐいす色。

岩を伝う湯音と風にすれる樹々の葉音。
温泉森林浴?
函館弁の優しい響きの人たち。
豊かな湯量、
力強い湯のあたり。

途端に私のナンバーワンになった。
ただね。

名前がね。

看板の前を
一度通り過ぎたんだ。

通り過ぎてから売店のおばちゃんに
地元の人が行く ちっちゃい温泉ない?
と聞いて、半信半疑。 
どうだか?っていいながら20分戻ってきた。

だって、湯とぴあ臼別 っていうんだよ。
知らなかったら敬遠したくなるでしょ!

お湯もロケーションも抜群。
絶対 逃せない温泉。
[PR]
by endoms | 2008-04-19 22:43 | 私の好きな温泉

黄金湯 ニセコの穴場

ニセコの温泉
通いつめて
行った事のないところがなくなっちゃったねー。
夫はネットでマイナーな温泉をサーチ

いつものようにニセコに向かう
今日はミステリーツアー
で着いてからのお楽しみ だそう。

国道5号線を、幽仙閣のところで右折、
薬師を過ぎたあたりで右折する。
エーこんな普通の農家の場所に温泉あるの?

夫は農家の庭先に入っていく。
わー黄金温泉。農家のお風呂。

普通の農家の庭にあるんだ。
手作りのような小さな建物、
その横にはさらに小さな受付兼お蕎麦屋さん。

汚いのを覚悟して入るとなんと清潔な脱衣所。
内湯は小さいがお湯がコンコンとあふれる。
露天には寝風呂、釜風呂、岩風呂
いろいろ工夫して作ってある。
手作り風で素朴、でも清潔感がある。
外を渡る風が気持ちいい。

すっかり気に入ってしまう。
昼食はいつもの店と決めていたのに
おじさんのお蕎麦が食べたくなる。
こんなにお風呂を大切にする人のおそばはおいしいはず!

15分ぐらい待つよ。
いいですー。
メニューはザル蕎麦のみ。
おじさんは電動製粉機に蕎麦の実を入れる。
ガーー

この人凝り性で蕎麦も自分で作っているのよ
おばさんがお茶と持ってきてくれる。

壁には観光地の名前が入った提灯がかけてある。
沖縄、宮崎、東京、大阪、高知。。。。

ずいぶんあちこち行ったんですねー
ウン、うちのひと いろいろ地元の役員やっていたからね。
農家だけじゃないから
農機具の販売とかやっていたしね。

引退して事業は息子に譲って自分の好きな温泉を作って
最初は近所の人だけに入ってもらってたけど
今は一般に開放してんの。

小柄なおばさんはピンク花柄のワンピース。フリルの前掛け。

外に出て行ったおじさんが帰ってきた。
茄子とピーマンを2個手に持っている。
なべの油を火にかける。

製粉機が止まる。
おじさんは台で蕎麦をこね始める。
手際よく、作業を進めあっという間に蕎麦を切り始める。

見よう見まねで始めたんだ。
上手じゃないけどね。

くいっ くいっ
と細めの蕎麦が打ち上がる。


ぐらぐらの湯に蕎麦をくぐらせると
隣の油なべで畑からとってきた野菜をてんぷらにする。

てんぷらはサービスだから。
札幌からかい?
仕事を終えたおじさんがそばをもってニコニコやってくる。

蕎麦の香が高かった。
[PR]
by endoms | 2008-04-19 17:49 | 私の好きな温泉

ニセコ ぬる湯は好き? 薬師温泉

雪が降る前に
ニセコの奥に行こう
2007年 晩秋

いつも五色温泉に右折するところを直進してニセコパノラマラインに入る。
神仙沼を過ぎる
このあたりから見る岩内とその入り江は最高に美しい。
プロバンス地方みたいといったフランス人がいたっけ。

ナビの示す道で新見温泉に向かう。

重厚感のある透明な新見の湯はいつでも神経が休まる
亡くなった私の母はよく湯治に来ていたよなー

すっきりし、帰りにもう一軒よって行くことにした。
いつもは行かない薬師温泉。
今日はもうすっかり温まったから大丈夫!

ナビが出した道は
とんでもない山道。
1車線どころか、舗装のない砂利道。
途中で若い母親が殺され、その娘が重態になった事件現場。
捜査中のため と道路が閉鎖中。
ナビはさらに狭い砂利道を示す。
もどるにもU ターンすら出来ない。

急坂、急カーブをnegotiateして進み
やっと薬師神社に出る。
隣は薬師温泉。
結構もう冷や汗でびっしょり。

薬師温泉の透明湯に入る。
混浴でないのはここだけ。

石の深い湯船のそこからぶくぶくと気泡がのぼり身体を包む。
出来立ての温泉。
これ これ。
37-8度のお湯にゆっくり浸かる。
8年ぐらい前、はじめてきたときはあまりにぬるさに上がれなくなって
夫との待ち合わせの時間を1時間半オーバーしたっけ。

今日は来るまでに充分温まって準備万端。
湧き出る温泉の感触を楽しむ。


それにしても
いつも思う。
どうしてこんな 人のいない温泉で、
自動販売機の入場券を買わなきゃならないわけ?
[PR]
by endoms | 2008-04-19 10:52 | 私の好きな温泉