んちゃって英語ガイド

endoms.exblog.jp
ブログトップ

トム・ハンクスの卒業式のスピーチ


バッサ―大学で  2005 at vassar

The Power of Four
 「4で世界は変えられる」「4 魔法の数字」「数字4 の威力」「4のパワー」

タイトルですでに煮詰まる
短い中に笑わせる要素がたくさんのスピーチ

たいてい4という数字は
季節
人の気質
血液型
方向
気象 (4elements )
などに絡む話で使われるけど
彼の話は違う。


The Beatles話の全体ベースに。
4の力は大きい
4文字の言葉を贈る
HELP という言葉

誰もが社会に出て自分のできることでやりたいことで
HELPをすると世の中は大きく変わる。
だって
交通渋滞解消には4%の交通量削減でいい
100人中4人が違う時間帯に通勤すれば交通渋滞は起きない
という調査結果がある。

そんなもので?
というわずかな数

4%のひとが変わると世の中は大きく変わるという。

Take a hundred musicians in a depresed port city in Northern England, choose John, Paul, George and Ringo and you have "Hey Jude".


イギリス北部のさびれた港町の100人のミュージシャンから
ジョン、ポール、ジョージ、リンゴを選ぶとほらビートルズが完成。

Take a hundred computer geeks in REdmond, Washington, send 96 of them home and remainder is called Microsoft.
ワシントン州レドモンドのパソコンオタクを100人集めて、96人は帰宅させる。そしたらマイクロソフト社。

Take the power of Four and apply it to any and every area of your concern.
Politics: Four votes swung form one hundred into another hundred is the difference between gaining control and losing clout.

4のパワーはほかのどんなことにも当てはまる。
政治:100人の有権者のうち4人が支持者を変えると、選挙結果を逆転させる力になる。

Culture: 2 tickets buyers out of fifty can make a small odd film frofitable.
映画館の窓口で100人に4人が切符を買うと、マイナーな低予算映画も収益がでる。

Economics: by boycotting a product 1 consumer out of 25 can move that product to the back of the shelf, and eventually off it altogether.
4%の人がある商品のボイコットをすると
その商品はやがて店頭から姿を消し、最終的には販売されなくなる。
[PR]
by endoms | 2009-05-31 21:53 | 卒業式のスピーチ